調達部門における顧客志向とは

画像: Shutterstock_ PopTikaさん

2019.10.03

経営・マネジメント

調達部門における顧客志向とは

野町 直弘
株式会社クニエ プリンシパル

「後工程はお客様」という言葉をご存知でしょうか?最近はこのゆな考え方だけでなく、もっとダイレクトに顧客に価値提供していこう、という動きが調達部門の中にも生まれてきています。

このように従来であれば顧客との直接的な接点が少なかった調達部門においてもダイレクトに貢献や支援が求められ始めているのです。

従来でも、エンジニアリング事業や日本が得意としている受注設計生産型事業では企画・営業段階から、調達部門が営業見積や原価企画に貢献することが求められています。これも顧客に対するダイレクトな価値提供の一つと言えるでしょう。
同様に開発購買のような開発上流段階でのQCDの作り込みやアフターサービスにおける最適品(代替品)の調達や、財務面でのキャッシュ貢献など、調達部門は企業のバリューチェーン全体への貢献を求められるようになっています。

このように調達部門の顧客志向を幅広く捉え、常に顧客への価値創造のためにモノやサービスを調達しているのだ、というコンセプトで自分達の業務を捉え直す必要性が、特に近年出てきていることかと考えます。

皆さんも調達部門として顧客に対してどのような価値を提供しているか、また今後提供していかなければならないのか、考え実現していってください。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

野町 直弘

株式会社クニエ プリンシパル

NTTデータグループのコンサルティング会社である株式会社クニエの調達購買改革コンサルタント。 調達・購買分野に特化したコンサルティングを提供している株式会社アジルアソシエイツの元代表。 自身も自動車会社、外資系金融機関の調達・購買を経験し、複数のコンサルティング会社を経由しており、購買実務経験のあるプロフェッショナルがサービス提供を行います。

フォロー フォローして野町 直弘の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。