人生100年をユングの「人生の正午」から考える

画像: Yukiko Naito

2019.05.31

ライフ・ソーシャル

人生100年をユングの「人生の正午」から考える

内藤  由貴子
一般社団法人フラワーフォトセラピー協会 代表理事

人生100年時代と言われるようになり、定年後がとても長くなったと感じます。 ユングが「人生の正午」と言ったのは、80歳の半分、40歳のあたり。 100歳になったからと言って、それを50歳にするより、やはり40歳を意識していいのでは? 心理セラピストとして相談を受ける中、50代だからの悩みがあります。 しかしこの時期を乗り越えるには、後悔しない人生をどう選ぶかということでは? 「定活」と言う言葉も出てきたようです。この定活には、老後の資金だけでなく ぜひ、60歳あたりからどんな人生を始めるのか、後悔しない人生の活動はお早めに…

セラピストは、それを分析してそうした妨げになるものを解消します。

目的は、一番の大きな後悔を残さない人生を助けるためです。

これは、お金の問題ではありません。


◇「定活」に加えてほしいこと

雑誌「サライ」のサイトに「定活~定年前活動」を勧める記事がありました。
ファイナンシャルアカデミーが実施した「定年後に関するアンケート」の調査結果を元にした記事です。
結果として、定年前の準備は「そのうち」ではなく、「今から」しないと間に合わないということ。

「どんな老後を過ごしたい?」と聞かれて、「穏やかで静かな毎日を過ごしたい」という人は多いです。
お金の準備も大切ですが、それより大切な「後悔しない人生」、「本当に自分を生きること」

そうして選んだ道には、結果としてお金もついてくるかもしれません。

*写真は、「理想の自己を生きる」イメージで選びました


Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

内藤  由貴子

一般社団法人フラワーフォトセラピー協会 代表理事

こんにちは。内藤由貴子です。花の写真でストレスを作る感情を分析、心理診断を行い、さらにその解消まで行うフラワーフォトセラピーのセラピストです。INSIGHTNOWでは、異色な存在かもしれませんね。このセラピーの普及のため、一般社団法人フラワーフォトセラピー協会を設立、講師の養成、セラピストの紹介を行っています。自身、色を使うオーラソーマ®をはじめ、セラピストとして16年あまりのキャリアです。このINSIGHTNOWでは、こころをケアに役立つようなコラムを書かせていただきます。よろしくお願いいたします。

フォロー フォローして内藤  由貴子の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。