今回が最後の刷新になる可能性も?──キャッシュレス時代に向けた紙幣刷新

2019.04.25

ライフ・ソーシャル

今回が最後の刷新になる可能性も?──キャッシュレス時代に向けた紙幣刷新

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

政府は今年(2019年)4月9日、2024年度上期をメドに1万円札・5千円札・千円札の新紙幣を発行すると発表。500円硬貨についても、素材や意匠を変えた新硬貨が2021年度上期に発行されることになった。 紙幣の刷新は2004年以来、20年ぶりとなる。新元号「令和」の公表からわずか1週間というタイミングでの刷新発表に、お祝いムードに乗じた政略だと批判の声も聞かれるが、関連業界では紙幣の切り替えによる「特需」の期待も高まっているようだ。ただ、現金を使わないキャッシュレス決済が急速に広まる中、その経済効果は限定的とする見方も強い。 そこで今回は「キャッシュレス時代に向けた紙幣刷新」と題して、その背景や目的とともに、新紙幣が社会経済にもたらす影響について考えてみたい。

現代的なデザインと最新鋭の3次元ホログラムを採用

今回の紙幣刷新について、財務省では昨年の夏から水面下で本格的な準備を進めていたという。
お札の顔となる肖像の人選については、「写真が残っている明治期以降の文化人」「政治色の強い人物や軍人は外す」「男女のバランスに配慮する」「昭和以降の人物は、評価するにはまだ早い」という観点から選考。日本史の教科書や出典数なども調査した上で、1万円札には「日本の資本主義の父」と称される渋沢栄一、5千円札には津田塾大学を創設した津田梅子、千円札には血清療法を確立した北里柴三郎が選ばれた。

表面の肖像とともに裏面のデザインも一新。1万円札は東京駅の丸の内駅舎、5千円は藤の花、千円札は葛飾北斎の富嶽三十六景「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」が採用された。また、外国人観光客が使うことも考慮して、表裏両面に洋数字の額面(10000,5000,1000)を大きいサイズで表示。角度を変えると画像が回転して見える3次元ホログラムを新採用するなど、偽造対策もさらに強化している。

全体の印象としては、和モダン調の現代的なデザインにまとめられた感があるが、額面を示す洋数字のフォント・サイズに関しては、ネット上で「ダサイ・デカイ・安っぽい・違和感がある」との声が続出しているようだ。さて、皆さんはどう感じただろうか。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

新元号と紙幣刷新の発表は、たまたま重なっただけ?

4月9日の刷新発表は改元直前のタイミングと重なり、政府としては祝賀ムードを盛り上げる格好のパフォーマンスにもなった。同日の会見で麻生財務相は、「紙幣のデザインは偽造防止の観点から、おおむね20年ごとに変えてきた」とした上で、新元号の発表とは「たまたま重なった」と強調。一方、野党からは「新元号も、新紙幣も、新天皇の即位も、安倍政権は支持を集めるために何でも利用している」と批判の声も上がっている。

たしかに、前回(2004年)の紙幣刷新は発行の2年前に発表されたが、今回の発表は5年前と大幅に早い。ただ、前回は新紙幣の導入時に自動販売機や両替機の半数が対応に間に合わず、社会的な混乱や消費者からの苦情が相次いだという経緯がある。
こうした教訓を踏まえ、財務省は「印刷の原版を作って見本品が完成するまで2年半、民間企業が対応を進めるのにも2年半を要する」として、今回の「5年前」が妥当との立場を示している。新紙幣の流通にともなって、ATMやシステム改修などの対応に迫られる金融機関でも、準備期間が5年に伸びたことに安堵が広がっているようだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。