話題のSDGsとは?私たちにどうかかわるの?〈第1回〉

2019.04.10

営業・マーケティング

話題のSDGsとは?私たちにどうかかわるの?〈第1回〉

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

「SDGs」をどう読むのか、どんな意味なのか、正確に知っている人は果たしてどのくらいいるでしょうか。 2019年6月に大阪で開催予定の主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に先がけ、3月にビジネス会合「B20東京サミット」が開かれました。東京サミットの主要なテーマは、国連が提唱するSDGs(エスディージーズ)の達成。しかし、全国約1万1000人の学生を対象とした調査では、SDGsという言葉を「知っている」のはわずか30.1%に過ぎませんでした(全国大学生協連合会)。 政府も「推進本部」を設置し、国を挙げて取り組むSDGsにいまや無関心では済まされません。SDGsとは何か、私たちにどうかかわるのかを、数回に分けてわかりやすく解説しましょう。

Sustainability = “持続可能”な開発とは?


SDGsの目標となっている「持続可能な開発」とは、〈未来の世代を犠牲にすることなく、現在の要求を満たす開発〉を意味します。

もちろん、経済成長が必要なことは誰もが理解しています。しかし、その負の側面と環境や、人々の幸福とのバランスを考慮することを忘れてはなりません。これまでとは違った方法で世界を見つめ直すために、考え方の大きな変革が必要です。
持続可能な開発目標に沿って、企業は経済成長を求めて活動し、人々は働きがいのある仕事に就きます。環境を損なわない新たな技術革新が生み出され、世界のどこにいても栄養のある食事が取れるようになります。誰もが差別されることなく質の高い教育を受けられ、ジェンダーの平等が実現します。

しかし、どうすればこれらすべてが達成できるのでしょうか。

それを、17の目標に沿って世界の人々が協力し合い、すべての人が恩恵をうけられるよう、これまでとは違ったやり方で取り組む方法です。2030年に私たちは持続可能な開発を達成し、人間と地球が恩恵を受けられる世界に暮らすのが目標となるため、今すぐ行動を起こさなければません。

今こそグローバルな行動を起こすときなのです。

── 今回は「SDGsとは何か?」の導入として、持続可能な開発目標の概略を説明しました。
次回は政府や地方自治体、企業、個人が何をやれるのか、解説しましょう。

〈参考URL〉国際連合広報センター
https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sdgs/

≪記事作成ライター:山本義彦≫
東京在住。航空会社を定年退職後、介護福祉士の資格を取得。現在は社会福祉法人にて障がい者支援に携わる傍ら、30年に及ぶクラシック音楽の評論に加え、社会問題に関する執筆を行う。

【記事元】
日本クラウド証券株式会社 https://crowdbank.jp
日本クラウド証券メディア マネセツ https://manesetsu.jp

【転載元】
リーダーズオンライン(専門家による経営者のための情報サイト)
https://leaders-online.jp/

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。