「築地銀だこ」はなぜ成長を続けるのか? 創業者の『夢』に学ぶ

2018.12.19

経営・マネジメント

「築地銀だこ」はなぜ成長を続けるのか? 創業者の『夢』に学ぶ

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

文化放送「The News Masters TOKYO」のマスターズインタビュー。 「この社長にぜひ会いたい!」とパーソナリティのタケ小山が訪れたのは「築地銀だこ」の創業者、株式会社ホットランド代表取締役の佐瀬守男さん。 今や知らない人はいない「築地銀だこ」にたどり着くまでには、数々の失敗があったと振り返る。そんな佐瀬さんのチャレンジはまだまだ続いていく。 (「銀だこ」の原点は焼きそば!? 失敗続きでも諦めなかった“お母さんの言葉” https://www.insightnow.jp/article/10316 )

たこ焼きは「飽きない!」

「和のファストフードをやる」そう決めた佐瀬さんたちが、次の挑戦の舞台に選んだのは桐生のショッピングモールだった。

焼きそば、おむすび、お好み焼き、そしてたこ焼きというラインナップでスタートを切った。順調な滑り出しにほっと息をつく。

「ところが、最初の3か月はいいんですが、だんだん売れなくなるんです」そうなると焦りが生まれる。飽きられないように新しい商品に手を出すようになった。

カレーはないの?と言われてカレーを増やし、ラーメンが人気みたいだと聞けば、ラーメンを増やす。アイテムが増えるごとに、作り置きも増えていった。

「作り置きしたものって、どうしても干からびるからおいしくない。結局売れなくて、あせってまたアイテムを増やす。そんなことを繰り返してしまっていました」

こんなことではいけないと危機感を持った佐瀬さんは、原点に立ち返ってこう考えたという。

「僕たちの作っているものは、本当にうまいんだろうか?」食べ物を扱うお店にとって一番大切なことなのに、当時はそれを忘れていた。

さらに、こうも考えた。「ファストフードというのは、注文を受けてすぐにパッと渡すものだと思っていたけれど、お客さんが望んでいるのは少々待ってでも熱々のできたてなんじゃないか」

これまでは厨房を隠していたが作っているときのシズル感や匂いが大切な要素であることにも気づいた。そして、佐瀬さんは社員を集めてこう宣言した。

「全部やめる。焼きそばもやめる。おむすびもやめる。これからは、たこ焼き一本に絞る!」

当時の一日の売り上げは約3万円、たこ焼きはそのうちの3000円程度。社員は不安を隠さなかった。「なぜ、たこ焼きなんですか?そんなことしたら、つぶれちゃいますよ」

だが、佐瀬さんにはかすかながら勝算があった。たこ焼きを買う客層が小さな子どもから老人まで広かったことと、時間帯に関係なくコンスタントに売れていたことだ。

「ここに魅力的なパフォーマンスを加えて、本当にうまいものを作ったら、絶対に売れる!」

そう決めてからは、たこ焼きを食べ歩いた。たこ焼きの本場と言えば、大阪だ。

「アイスキャンデーを売って経費を稼ぎながら、半年くらい大阪に住んで、ほぼ全店を食べ歩きました」各店の味の違いに驚き、衝撃を受けた。何より、焼き手が楽しそうなことに感銘を受けた。

また、粉や天かす・青のりなどの材料についても真剣に考えるようになっていく中で、「たこ焼きは、やっぱりタコが命!」と、今度は東京に戻って築地の魚河岸に通い詰める。

「仲良くなって、毎朝タコの話を聞いてました」当時はまだ国産のタコが手に入りやすく、値段も安くて量があった。生で仕入れて、店で茹でてカットすることから始めた。ようやく「築地銀だこ」が今に続く第一歩を踏み出した。

そこから、25年。

佐瀬さんは「たこ焼きは飽きない」とキッパリ明言する。

「僕たちの会社は、社員全員が朝から晩までたこ焼きのことばっかり考えています」全員が、たこ焼きを焼くのが大好きで、たこ焼きを焼いているときが一番生き生きしている、と笑う。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。