仕事を動かす人、仕事に動かされる人

2018.09.29

組織・人材

仕事を動かす人、仕事に動かされる人

猪口 真
株式会社パトス 代表取締役

ビジネスマンには仕事を動かせる人と仕事に動かされる人がいる。大半の人(私も含めて)は、日々指示された仕事に追われて、周回遅れぎりぎりのところでバトンを渡すような仕事をしている(に違いない)と思うのだが、次々と自分で仕事を動かしている人がいる。

ビジネスマンには仕事を動かせる人と仕事に動かされる人がいる。大半の人(私も含めて)は、日々指示された仕事に追われて、周回遅れぎりぎりのところでバトンを渡すような仕事をしている(に違いない)と思うのだが、次々と自分で仕事を動かしている人がいる。

社内であれ社外であれ独立できる人、チャンスやピンチ、ここぞというときに頼りになり成功する人、ありえないような仕事を決めることができる人、チーム全員がどうしようもない状態のときに力を発揮する人、など、ここ一番に強く底力を持っている人は、例外なく仕事を動かす人だ。

日々の仕事においても、提案して承認されたと思ったのに全く進まない、途中まではうまく進んだと思っていたのに、急に動きが悪くなった、など仕事を進めるうえで、頻繁に起こることだ。コミュニケーションギャップがあったり、技術的な問題が起きたりなど、やっかいなことが起き、仕事が止まってしまったり、新しい問題が生まれてしまうようなことだ。

そういうとき、見事に状況を打開し、仕事を正常通りに戻し、動かすことができる人がいる。上長だからとか、監督責任者だからといった理由だけでなく、ひとりの担当者として、ポジションに関係なく動ける人だ。

自分の状況はさておき、その問題解決のためにできることを率先して行動し、仕事を収れんできる姿は誰が見てもかっこいい。

半面、自ら動くことなく、すべて指示に従うスタイルで仕事をしている人がいる。同じように仕事をしているのだが、「自ら」ではなく「指示された」行動の人だ。

仕事のスタイルというか、ひとつのリスク管理としてやっていることが多いので、仕事に対する価値観の問題も多分にある。だから仕事のしかたを周囲が決めることはできない。また、大きな組織であれば、組織内の役割によっても違うということはあり得る。

しかし、こういうスタイルを取り続けてしまうと、企業の好調期はいいが、不況時や業績不振の際に、逆にリスクになってしまう。自分でアイデアも出せなければ行動もできないため、本当に頼りない人物になってしまう。これまでと違う行動、上司には分からない問題に対応しなければならないからだ。

さらに、自分で判断することから逃げていると、意思決定することができなくなってしまう。言い換えれば、自分の判断基準がぶれてしまう。

我々のような少人数の組織で働く人間にとっては、「あの件は止まっていまして・・・」という言い訳は自分にたいしても許されることではなく、仕事を動かさない限り、自分の狙った売り上げや利益に繋がることはないから、「仕事を動かす」ことは、何より求められるスキルだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

猪口 真

株式会社パトス 代表取締役

すべてのナレッジワーカーがコンテンツを考え、発信する時代です。あなた(会社)のコンテンツをともに考えましょう。

フォロー フォローして猪口 真の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。