コワーキングスペースは、新たなビジネスチャンスか

画像: Dick Thomas Johnson

2018.08.15

営業・マーケティング

コワーキングスペースは、新たなビジネスチャンスか

猪口 真
株式会社パトス 代表取締役

昨今、「コワーキングスペース」と呼ばれるオフィスが非常に増えている。イメージも実態も今風な感覚だ。ここにはどのようなビジネスチャンスがあるのだろうか。

一時期、シェアオフィスやレンタルオフィスというと、お金のない起業したての若いビジネスマンや新規の事業部や営業所などの設置というような、どちらかというと、とにかく費用を安くしたいというイメージのものだった。

ところが昨今、こうしたオフィスが非常に増えており、イメージもまったくネガティブでなく、むしろ、今風な感覚すらある。呼び名もいつの間にか「コワーキングスペース」と言われており、すっかり様変わりの様相だ。

急増するコワーキングスペース

JLLの発表した資料によれば、東京オフィス市場のコワーキングスペースがここへきて急拡大しているという。特に東京、千代田区、港区などの東京都心5区で増大している。中でも、世界的に拡大している「WeWork」の日本進出が注目されている。

この「WeWork」に投資しているのは、ソフトバンク・キャピタルであり、三井不動産はWorkstyling、NTT開発はLIFORK、またサービスオフィスのRegusは、Spaceを買収した。

これは、国の「働き方改革」の推進による、生産性向上や働き方の多様化への対応という側面が強いが、もちろん、従来型のスタートアップ企業の活用や、大企業のテストマーケティング的なコミュニティ志向の表れでもある。

レンタルオフィス、シェアオフィス、そしてコワーキングスペース

このコワーキングスペース、微妙な違いはあるにしても、似たようなサービスは存在した。

このコワーキングスペースが従来のレンタルオフィス(共用含む)とどのような違いがあるのかを見ていこう。

レンタルオフィスは昔からあるサービスだ。私自身、15年ほど前の起業時には、初期投資を抑えたくて数件のレンタルオフィスを検討した。当時はあまりバリエーションも多くなく、ランニング費用も新たに賃貸オフィスを借りるのとあまり大差ない感じではあった。

ただし、事務所を事業用として借りるとなると、10カ月程度の保証金はかかるし、ある程度のオフィスとしての設備も必要だ。初期投資を少しでも押さえたい起業志望の人にとっては、ありがたいサービスだ。

昨今、レンタルオフィスの中にも、ゴージャスな雰囲気と立地で、ブランド力を訴求できるような物件も出てきた。こうなると、コスト削減なのか、プロモーションとして投資するのか、よくわからなくなってくるが、総合的にみると、レンタルオフィスは、やはり差し当たっての利用という感じが否めない。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

猪口 真

株式会社パトス 代表取締役

すべてのナレッジワーカーがコンテンツを考え、発信する時代です。あなた(会社)のコンテンツをともに考えましょう。

フォロー フォローして猪口 真の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。