紳士服の社長が“スーツ”で富士山に?!ビジネスで周囲を巻き込む術

2018.08.07

経営・マネジメント

紳士服の社長が“スーツ”で富士山に?!ビジネスで周囲を巻き込む術

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

文化放送・The News Masters TOKYO、マスターズインタビュー。 今回のインタビューのお相手は、「紳士服のはるやま」でお馴染みのはるやまホールディングス社長・治山正史さん。 これまで細身のスーツや、しわになりにくいスーツなど画期的な商品を世に生み出しています。 そのパワーの源は、どこから湧いてくるのか?プロゴルファーで、The News Masters TOKYOのパーソナリティ・タケ小山が迫った。

子供の頃にみた商売の原点

最初は、治山社長の原点について聞いてみると「実家はどこにでもある商店街の洋服屋さんでした」と語りだした治山社長。

幼少期のある日、夜中に店の扉を叩く音で目が覚めた。扉の外には、目を真っ赤にはらした若夫婦が「祖父を亡くして礼服がいるんです!」とやってきたところだった。

すぐに礼服の用意をということで、当時店主だった治山社長の父は裾直しを、母はお茶を出して接客していたという。

治山:
帰る頃には若夫婦は穏やかな顔で帰っていきましてね。そこに商売の原点を見たような気がしますね。

スーツを取り扱うということは、冠婚葬祭や人生の節目節目に出会うものなので、ハレの日はもちろんのこと、辛いことにも隣り合わせのビジネスなのだ。

タケ:
そこに、喜びもありますか?

治山:
あります、あります。いまだに接客しますので。

社長は、続けてこんな体験も語ってくれた。

フレッシュマンのスーツをフィッティングしている時、カジュアルな服で来店していたお客様が、カーテンを開けたら別人のようにビシッとしていた。
これをみて、親御さんは「我が子が、こんなに立派な姿に...」と泣くという経験もこれまで体験している。

それをみて、「お金に関係なく役に立てている」というやりがいを実感するのだそうだ。

「社長がまた無茶を…しょうがないな」という雰囲気作り

治山社長の特徴は何と言ってもポジティブな面である。

皆さんは、この話を聞いてどう思うだろうか。

治山:
1万円なくすとしますよね?その後は、落とさないようにと気をつけますよね?5万円落とす前に1万円で気をつけるきっかけをもらえて、ラッキーということですよ。4万円儲かったということだから。ラッキーでしょ?


このポジティブさには、タケも動揺を隠せないが、要は、捉え方次第で人生はどうとでも変わるのだ。

その考え方は、このエピソードからもわかる。

タケ:
無理と言われたことも実現してきました。当時、前代未聞だった脚長スーツやシワになりにくい北京オリンピックのオフィシャルスーツ。これらは、すんなりいきましたか?

治山:
"宝くじは買わないと当たらない"。やらないと変わらないんです。まあ、ハズレくじもいっぱい買っていますけどね!でも"反省すれど、後悔はしない"の精神です。


一見無茶と思える社長のアイディアに対し、当然部下から反対意見もでる。しかし、それには普段の振る舞いがポイントなのだそうだ。

「社長がまた無茶言っているぞ、しょうがないな」という雰囲気、そしてキャラ付けをしておく。さらに...

治山:
根拠がなくても自信満々でいる。(根拠はないけど)絶対売れるから!と言うんです。

そこまで言われたら従業員も「そこまで言うんなら」となり、周りを巻き込んでいくのが治山社長流でもあるのだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。