つみたてNISA。低コスト投資信託の選定と、長期運用のメリットとは

2018.06.05

経営・マネジメント

つみたてNISA。低コスト投資信託の選定と、長期運用のメリットとは

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

家計のポートフォリオを構築するなかで、収益性のある金融商品をいかに組み込んでいくか──。 「人生100年時代」におけるリタイア後の人生を考えたとき、金融リテラシーを高めることは現代人の最重要課題になりつつあります。とはいえ多様化する資産形成ツールを前に、投資の入り口に立つ人が悩むのが、国の提案する新制度やフィンテックにどのように向き合い、選択していくか、ということではないでしょうか。 今回は、2018年1月にスタートしたばかりの「つみたてNISA」に焦点をあてます。この制度の特長は「長期」「積立」「分散投資」を目的に、金融庁が手厚い税制制度と仕組みを盛り込んでいること。では早速そのメリットを紹介していきましょう。

最長20年、最大800万円まで非課税

つみたてNISAは、2018年1月に金融庁主導でスタートした新制度。日本に住む20歳以上であれば基本的に誰でも※、証券会社や銀行など金融機関を通じて始めることができます。

大きな特長は、投資信託で得た分配金と譲渡益(値上がり後の売却益)が、最長20年間課税されない点にあります。通常は利益に対して20.315%の税金が差し引かれる(たとえば10万円の利益が出た場合、2万315円は税金として差し引かれる)ため、この非課税制度は投資家にかなり配慮されています。

また、つみたてNISAの場合、年間の非課税投資枠は40万円。現在20年間の存続が決まっているので、2037年まで最大800万円までを非課税で投資できることになります(年間上限額の未使用分は翌年以降に繰り越せません)。これは大きなメリットですね。
クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

さらにもう一つの大きな特長は、いずれも長期の積立・分散投資にふさわしいと国が選定した商品のみが販売されている点です。

具体的には公募株式投信の場合、ノーロード(販売手数料ゼロ)、信託報酬は一定水準以下、信託契約期間が無期限、あるいは20年以上であること、分配頻度が毎月でないことなどの要件がすべて満たされることが条件になっています。4月23日時点の対象商品は、公募株式投信145本(インデックス投信129本、アクティブ投信16本)、ETF3本。国内外のインデックス型が多く扱われており、たとえば日経平均株価の2〜3倍の値動きをするような、レバレッジ型のハイリスクハイリターン商品はあらかじめ除外されています。
※NISAにて買い付けを行った場合、その年につみたてNISAを利用することはできません

信託報酬は低コスト競争が激化

インデックス投信とアクティブ投信について補足すると……、
インデックス投信とは「日経平均株価」「TOPIX」や「NYダウ」などの株式指標(インデックス)と同じような値動きをするよう設計された投資信託のこと。
クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

こうした株式指標はニュースやネットですぐ確認できるため、投資初心者にも値動きが分かりやすく、信託報酬(運用コスト)も割安です。さらにここ数年は低コスト競争が激化しており、つみたてNISAにおいても金融庁が決めた信託報酬の水準を下回る投資信託が並んでいます。

信託報酬とは投資信託を保有している間、ずっと支払い続ける費用なので、とくに長期運用の場合、信託報酬が割安であることは資産を守るためにも必要なポイントです。また、最近のインデックス投信の特長は、日本やアメリカ、先進国のみならず新興国も投資対象にした商品もそろっており、バラエティに富んでいるため選択肢が広がっている点でしょう。

次のページ長期運用で複利効果を狙う

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。