沈没事故の衝撃に韓国社会は目を覚ますのか

画像: Vincent Lee

2014.04.24

ライフ・ソーシャル

沈没事故の衝撃に韓国社会は目を覚ますのか

日沖 博道
パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

旅客船「セウォル号」の沈没事故は、韓国社会に空前の衝撃と深刻な自己反省をもたらしつつあるようだ。さて今後、その反省がどこに向かうのか、見守りたい。

韓国南西部の珍島(チンド)沖で16日に発生した沈没事故から既に1週間が過ぎ、150人を超える死亡が確認されましたが、いまだ船内には多くの高校生が取り残されて安否が分からない状態です。誠に痛ましい事故で、近年のアジアで最大の海難事故となる模様です。韓国ではほぼ全てのイベントが自粛され、国全体が沈痛状態にあるようです。

逮捕された船長をはじめとする乗組員や運航会社の関係者の事情聴取で少しずつ状況が判明するにつれ、「人災」との見方が強まりつつあります。

客室増設の改造と貨物の過積載により船体のバランスが悪くなっていた上に、潮流が激しく危険な海域であるにもかかわらず経験のあまりない3等航海士に操舵させ、危険な急旋回をさせています。しかもその当時、船長は私用で持ち場を離れていた模様です。

事故が起きて船が傾き始めてから船体が沈むまでには2時間ほどあったのに、乗客を脱出させるために何ら適切な措置は取られていません。それどころか、「客室内に留まる」ように船内アナウンスが何度もあったそうです。そのため、周辺には異常を聞きつけてタンカーなどが駆けつけており乗客が脱出すれば救助されたはずなのに、船が45度傾いても誰一人として脱出してこなかったそうです。

結局、15人の船舶職乗務員の誰一人としてまともな乗客救護措置をすることなく、自らは脱出しています(ただし客室乗務員の中には、子供たちを先に救出させるため自らは犠牲となった人もいたそうです)。しかも船長は救助される際に一般人を装っていたそうです。

ここまでくると、船長らには人間として恥ずかしくないのかと問いただしたくなります。実際、彼らは逮捕され、事情聴取を受けています。

しかし貨物の過積載が指定量の3倍以上だったという情報もある上に、乗務員が緊急避難訓練を全く受けていないことが判明し、金儲け優先のために安全を軽視してきた運航会社の実態も明らかになってきました(この後の捜査で、他にも安全無視の実態が追加判明するかも知れません)。

一方、韓国政府もまた不手際を見せています。

事故発生翌日の17日に朴大統領が現場を視察するまで行方不明者家族には何らまともな説明はなく、救助隊が船内に侵入して捜索活動に入り始めたのはさらに翌日、18日からでした。中央災害安全対策本部は、救出者や死亡者の数といった基本的な事柄を含め事態を正確に把握することができずに説明を何度も翻し、現地に集まった企業やボランティアの人々も、適切な指示がないために待機を続けざるを得なかった模様です。

Ads by Google

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

日沖 博道

パスファインダーズ株式会社 代表取締役 社長

当社は事業戦略・業務改革の2つのテーマを中心に、企業改革をお手伝いします。代表である私は、30年弱にわたる戦略・業務コンサルティングの経験と実績を基に、ハンズオンの姿勢で、実践的かつスピーディな課題解決を心掛けています。事業戦略策定については新規事業・新市場進出を中心にお手伝いさせていただいておりますが、最近は既存事業の見直しも増えています。その際のスタンスは「選ばれる理由」を明確にすることです。またBPMのエヴァンジェリストとして、BPMアプローチ(KPIを軸に狙いと手段を整合させた上で、PDCAサイクルに沿った継続的プロセス改革を進める手法)による「空回りしない」業務改革を唱えております。詳しくは弊社HPをご覧ください。ご登録いただければメルマガもお届けします。

フォロー フォローして日沖 博道の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。