サービス品質向上を科学する

画像: galet09

2013.10.22

経営・マネジメント

サービス品質向上を科学する

松井 拓己
松井サービスコンサルティング 代表

「サービス品質を上げろ」という指示や議論は日常的にされていると思いますが、実際にはなかなかサービス品質のバラツキを解消したり、品質を向上できずに苦悩されている方が多いようです。そこで、サービス品質をいかに高めていけばよいのか、サービスサイエンスの視点で考えてみたいと思います。

■「サービス品質を上げろ」という指示ではピンとこない?!

様々な企業において、いかにサービス品質のバラツキを抑えて、サービス品質を高めていくかが重要な課題になっています。どうしてもこういった課題に対しては「経験を積むしかない」「ベテランの背中を見て学べ」「何が何でもマニュアルを守らせろ」というような精神論になってしまったり、サービス品質向上がスローガンだけで実態を伴っていなかったりということがよくあります。

その大きな原因があります。

「サービス品質を上げろ」という指示や議論は日常的にされていると思いますが、実はその指示を受けた方は、サービス品質を上げろと言われても明日から何を頑張ったら良いのかピンと来ていない、というのが正直なところなのです。つまり、「サービス品質を上げろ」という指示を何度繰り返しても、いつまで経ってもサービス品質は高まらないし、品質のバラツキも抑えられないのです。

そこで、サービスサイエンスの視点で、もう少し論理的にサービス品質を科学することで、サービス品質向上を加速することができます。

■サービス品質を分解すると、明日から何を努力すればよいかが明快になる

サービス品質向上を科学する、とはどういうことなのか?実はそれは非常にシンプルです。

「サービス品質」を6つに分解して議論をします。そうすることで、ただ単に「サービス品質を上げろ」と言うだけよりも遥かに、明日からの努力のポイントが明快にできます。実はこのように「サービス品質とは何か?」を定義して、組織で共有することなく活動を進めてしまったことで、なかなか議論が噛み合わなくて成果が出ないということはよくあるのです。

具体的には、サービス品質を分解すると次の6つに分解できます。

「正確性」「迅速性」「柔軟性」「共感性」「安心感」「好印象」。

これらを「基本サービス品質」と呼び、これらの項目ごとにどんな努力したら良いのかを議論することで様々な気付きが得られます。例えば、サービスの現場としては「正確性・迅速性」を非常に重要視して、お客様をお待たせせずにご要望通りのサービスを提供することに重きを置いていたとします。しかし、改めてこの基本サービス品質の6つの視点で議論し直してみると、実はお客様は「正確性・迅速性は当たり前!どの会社も同じでしょ!」と思っていて、正確性や迅速性だけをこれ以上頑張ってもサービスの評価は高まらない(顧客満足は高まらない)ということに気付いたりします。

PR 2016年度:サービス向上・CS向上を科学するサービスサイエンスの基礎 ~顧客はサービスを買っている~

次のページ■サービスの評価を高めるための議論に盲点がある

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

受付中

2016年度:サービス向上・CS向上を科学するサービスサイエンスの基礎 ~顧客はサービスを買っている~

開催日: 2016年11月11日(金)
提供会社: 松井サービスコンサルティング
対象: ・サービスサイエンスに関心のある方 ・営業改革、CS向上、サービス品質向上に関心のある方 ...
場所: ■場所   : 多摩大学 品川サテライト room D         東京都港区港南2-1...
参加費用: 40,000円

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松井 拓己

松井サービスコンサルティング 代表

【専門分野】 サービスサイエンス、サービス改革、営業強化、CS向上、サービス開発、製造業のサービス化、問題の全体像の把握、サービス人材育成

フォロー フォローして松井 拓己の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。