インスタグラム動画広告の運用で参考にしたい4つのポイント

2015.11.16

IT・WEB

インスタグラム動画広告の運用で参考にしたい4つのポイント

動画広告・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE編集部
Crevo株式会社

インスタグラムが日本企業に対し、広告を全面解禁したのは、10月1日。それ以来、クリエイティブな空間を浸食するような広告が、じょじょに増えてきています。 どうやら、多くの企業がインスタグラムという世界での広告の運用について摸索しているようです。 今回は、どうすれば、広告をユーザーに受け入れてもらえるのかについて考えてみたいと思います。

特性のおさらい

まずは、インスタグラムの特性を振り返ってみましょう。

このツールがマーケティングにおいてなぜこうも重要視されるのか。それは、実生活に、商品がどう溶け込むのかを
優れたビジュアルや動画で表現できるからです。

確かに、インスタグラムへの投稿は、簡単です。
しかし、無策で飛び込んで甘い汁をすえるほど、平坦な戦場ではないことも忘れてはいけません。

4つの方法

その1:ファンを楽しませる
BarkBoxは、愛犬に毎月、おもちゃや、おやつがサプライズで届けられるサービスを展開。
売り上げの10%を動物愛護団体に寄付し、これまでに約800匹の子犬の命を救ってきました。

BarkBoxのフォロワーは毎月32000人のペースで増加。BarkBoxの投稿には、平均で15000の「いいね!」と、
約1000のコメントが付きます。

その理由は、徹底してファンを楽しませることにあります。

彼らは、ペットを紹介するサイトから、最も人気のある犬たちをインスタグラムのために起用しています。
愛犬家たちに、ネット上で人気の高い犬のユーモラスな姿を届ける。そのファンの視線に立って作られた投稿が、
ファンの心をわしづかみにしているのです。

インスタグラムのユーザーは広告に対しても、クリエイティブな表現を求めます。

以下の2作品は、ユーザーの要求に見事に応えた内容となっています。




その2:商売っけを排除する

ソーシャルネットワークで、商魂丸出しの投稿ほど、うっとうしいものはありません。

インスタグラムのユーザーは美的センスが高いとされており、そういった投稿は逆効果を招くだけです。

インスタグラムがFacebookの傘下にあるのは周知の事実です。Facebookは、プロモーション目的の投稿に対する

オーガニックリーチの削減を発表しています。

彼らが、「顧客を満足させる投稿」を優先的に表示させると明言している以上、これまでと同じ感覚で広告を打つことがいかに馬鹿げているか分かるでしょう。

その観点で見ると、アイスクリームショップBen & Jerry’sのインスタグラムのフィードはファンにとっては、

まさに「ヨダレもの」。

Ben & Jerry’sが行っているのは、アイスクリームの写真を毎日、投稿。ではなく、ファンたちがアイスクリーム

を食べている写真をシェアしているのです。

顧客を製品より前に打ち出す。

これが功を奏し、どの投稿にも約20000の「いいね!」が付いています。

次のページまとめ

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

動画広告・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE編集部

Crevo株式会社

VIDEO SQUARE(ビデオスクエア)では、動画を使った広告・マーケティングの活用事例や最新情報、トレンド、市場動向、企画・制作のポイントなど、動画に関わる全ての方の実務に役立つ情報をお届けしています。

フォロー フォローして動画広告・動画マーケティング専門メディア VIDEO SQUARE編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。