陸上選手をビジネスクラスに乗せてあげたい。為末大さんの目標と2020年

2017.12.31

経営・マネジメント

陸上選手をビジネスクラスに乗せてあげたい。為末大さんの目標と2020年

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

株式会社侍の社長を務める為末大さん。 シドニー、アテネ、北京と3回のオリンピックに出場を果たすも、2012年の日本選手権で予選落ちし、現役を引退。 スポーツ界に一石を投じてきた為末さんが2020年に向けて考えていることを、文化放送『The News Masters TOKYO』のパーソナリティ・タケ小山が聞く。 デザイン、工費、建設期間など、数多くの問題を抱え続ける新国立競技場について、為末さんはどのように考えているのだろうか?

「一大バリアフリー国家構想」とでも言えそうだ。高齢化が進んでいる日本ならではの国のあり方ではないだろうか。

為末:
僕は『寛容な社会』というコンセプトが気に入っていて、誰が来ても寛容に受け入れてもらえるような施設や意識を日本でブランディングすれば、日本は別の形で一目置かれるようになると思うんです。

1964年の東京五輪の時のような「これをきっかけに経済大国に…」というのはどう考えても難しい。「違う形の尊敬のされ方」を模索する方が今の日本には合っているのだという。最後にタケ小山がこの質問をした。

タケ:
為末さんの今後の目標は?

為末:
人間の心を理解するのに興味があります。また、現役時代、ずっとプロ選手がビジネスクラスに乗るのを見ながらエコノミーで移動していたので、日本の陸上の代表をビジネスに乗せてあげたいって思いがあります。スポーツ産業が大きくなって、それなりに稼げるように手伝っていきたいです。

かつて日の丸を背負った侍はいま、日本、そして世界の陸上界の未来を背負っている。もちろん、問題はどれも一筋縄ではいかない。社会・組織・利権…といった様々な超えるべき、ハードルがいくつも存在する。

しかし、既存の考えに縛られない深い知見とトップアスリートとしての経験があれば、どんなものでも超えられるのではないだろうか?為末さんにはそう思わせてくれる、説得力と行動力が備わっているようだった。

◆「100m走が10分!? 為末大さんが語る『スポーツで稼ぐ』とは」はこちら
https://www.insightnow.jp/article/9854


文化放送『The News Masters TOKYO』のタケ小山がインタビュアーとなり、社長・経営者・リーダー・マネージャー・監督など、いわゆる「リーダー」や「キーマン」を紹介するマスターズインタビュー。音声で聞くには podcastで。
The News Masters TOKYO Podcast
https://itunes.apple.com/jp/podcast/the-news-masters-tokyo-podcast/id1227381972

文化放送「The News Masters TOKYO」http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)
こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR
パーソナリティ:タケ小山 アシスタント:小尾渚沙(文化放送アナウンサー)
「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。