あなたのカードは大丈夫? 気づかぬリボ払いでトラブル増加

2017.10.16

ライフ・ソーシャル

あなたのカードは大丈夫? 気づかぬリボ払いでトラブル増加

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

ここ最近、クレジットカードの「リボ払い(リボルビング払い)」に関するトラブルが急増しています。 その多くは、カード利用者がリボ払いと気づかずに買い物をしてしまい、「知らないうちに手数料が高額になっていた」「手数料ばかりとられて支払い残高が減らない」というケースです。 テレビCMなどでもおなじみの「リボ払い」をめぐって、なぜ、そんなトラブルが頻発しているのでしょうか……?

支払い期間が長引いて手数料が高額化するリスクが

クレジットカードの支払い方法には、大きく分けて「一括払い」「ボーナス一括払い」「分割払い」のほか、毎月あらかじめ決めた一定額(または一定割合)を返済していく「リボ払い」の4種類があります。そのうち一括払いとボーナス一括払いは手数料がかかりませんが、分割払いとリボ払いには手数料がかかってきます。

この手数料はクレジット会社の大きな収益源となるため、利用者からの手数料収入を定期化・最大化できるリボ払いは、クレジットカード会社にとっては「大歓迎」な支払い方法でもあるのです。そうしたことから、クレジット各社ではリボ払いのCMやキャンペーンを大々的に展開し、「計画的・スマート」といったイメージを打ち出して利用拡大を狙っているのですが……。ここで利用者として注意したいのが、リボ払いにかかる手数料の高額化です。

月々の返済額を抑えられるリボ払いは家計に響きにくい反面、いくら買い物をしても毎月の支払い額が一定なので借金の意識が薄れやすく、支払い期間が長引いて手数料がかさむリスクがあります。手数料も年利換算で15%後となっており、銀行預金の金利が1%にも満たない超低金利時代にあって、この利率がどれほど高いのかは、十分おわかりいただけるでしょう。

リボ払い専用カードと知らずに利用しているケースも

さらにもうひとつ、リボ払いをめぐるトラブルの一因となっているのが「リボ払い専用カード」です。

リボ払いを利用するには、「店舗で買い物をする際に指定する」「カードを利用した後にクレジット会社に申請する」という方法がありますが、リボ払い専用カードを使えば、自分で指定・申請しなくてもすべてリボ払いで決済されます。しかし、リボ払い専用カードの場合、店舗で「一括払い」と告げても(レシートにも一括払いと表示される)自動的にリボ払いになる設定となっているため、気づかないまま使い続けると手数料がかさんで、予期せぬ返済額に膨れ上がってしまう可能性があるのです。

国民生活センターの消費者相談調査によると、カード入会申込書に「リボ払い専用」と表示していないケースも多く、申し込み時にリボ払い専用カードと認識せずに契約し、気づかないまま利用していた……という相談がここ数年で急増。なかには、リボ払いをしていることに何年も気づかず、手数料だけで数十万円支払っていたという相談者もいるそうです。リボ払いの仕組みを理解しないままカードを作る利用者も多く、複数枚のクレジットカードで安易にリボ払いを利用し、多重債務に陥っているケースも少なくないといいます。

次のページ新規カード契約時に必ず確認&月々の明細もチェックを

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。