ギフトエコノミー:合計0ドル、お支払いはペイフォワードで!

2008.02.04

営業・マーケティング

ギフトエコノミー:合計0ドル、お支払いはペイフォワードで!

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

カリフォルニア州立バークレー大学近くの 「カーマレストラン」 は、土曜日の夕方5時から10時までオープンしているお店。 毎週、40-50席ほどの店内が満席になる賑わいです。 (オルタナ、FEB. 2008 No.6)

ネパール料理をベースとするインド風メニューは、
ネパール、イラク、ベトナムからの移民シェフが作る本格派。

サラダ、メインディッシュ、デザートまで、
豊富なメニューが並んでいます。

ところが、メニューには値段が書かれていません。
なぜなら、食事後にいくら払うかを「客」が決める仕組み
だからです。

客が料理を食べ終わると、
伝票の代わりに封筒が置かれるそうです。

その中に入っているカードには、

「合計0ドル」

という文字と共に次のようなメッセージが!

「寛容の精神に基づいて、この食事はあなたの前に来た
 だれかからの贈り物です。私たちは、あなたがこの循環を
 続けてくれることを願っています。
 もし、これから訪れるお客様へこの輪をつなげたいと思ったら、
 封筒に無名の寄付を残してください。」

この封筒にお金をいくら入れるかは客の自由。

しかも、客から回収された封筒は店内のポストにしまわれ、
閉店後に開封されるため、誰がいくら払ったか、
あるいは払わなかったかは、一切分からないようになっています。

カーマレストランの創設者の一人、

ニプン・メーター氏

によれば、このレストランのコンセプトは、

「ギフト・エコノミー」

です。

ギフトエコノミーとは、
自ら進んで与えることを前提に成立する経済。

需給関係で価格が決まり、貨幣の支払いと引き換えに
モノやサービスが提供される市場経済とは異なり、
ギフトエコノミーでは、お互いの善意と信頼関係が必要です。

ところが、この店では、ギフトに対して直接の見返りを
期待するのではなく、信頼関係のない見知らぬ次の人に
対してギフトを送るという思想すなわち

「ペイ・イット・フォワード」

が根底にあります。
(映画「ペイフォワード」で描かれた姿)

カーマレストランは07年3月にオープン。
当初、ギフトエコノミーの手法が成功するかどうか
わかりませんでした。

しかし、ふたを開けてみると、
毎週土曜日の開店中に訪れる客は平均70-100人程度。

座席数を考えると、
わずか5時間で約2回転していることになりますね。

売上も常にコストをカバーし、
2倍以上になることもあるそうです。

こうした、客が支払額を決める

「ペイ・アズ・ユー・ウィッシュ」

は同店だけでなく、
ユタ州、コロラド州、ワシントン州などにもあり、
増加の兆しを見せているとか。

お互いに助け合うことで成立する共同生活を営む、
社会的動物である人間の「遺伝子」に組み込まれている

「互恵性」

を活かしたギフトエコノミーに基づくビジネスは、
これから面白い発展を見せてくれそうです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。