叱り方から見た生徒が集まる学習塾の先生とは!

2015.12.11

ライフ・ソーシャル

叱り方から見た生徒が集まる学習塾の先生とは!

中土井 鉄信
合資会社 マネジメント・ブレイン・アソシエイツ 代表

近所の怖いおじさんは、めっきり減りました。カミナリ親父という言葉も、死語になりつつあるのかもしれません。学校の先生も、ずいぶんと優しい先生が増えてきました。本屋さんでも「褒め方」の本が、「叱り方」の本よりも売れています。こんな時代にあって、学習塾の先生が生徒を叱ることは正しいことなのかどうか、考えてみました。

叱る・叱られた経験のない先生が増えている!


私は教育コンサルタントとして、全国の学習塾や学校を訪問しているのですが、
最近、顧問先の学習塾の塾長や先生から叱り方で、相談を受けることが多くなりました。


子どもたちの置かれた状況が変わったことも大きいですが、それ以上に、叱る側の先生自身が、子どもであったときに親や学校の先生から叱られた経験が少なく、どう叱ったらよいのかわからないようなのです。


叱る側も、叱られる側も経験が少ないんですね。


この傾向は、統計からも垣間見えます。ここ20年ほどの間に、日本の親は「叱る」というある意味、とても面倒な、とても体力・気力を使う作業を、余りしなくなったようなのです。


1982年から実施されているNHK放送文化研究所の「中学生・高校生の生活と意識調査」からも、そんな親子の関係の変化がみてとれます。

上の調査では「どういう親でありたいか?」という親としての理想像に関する質問項目があります。


理想として「できるだけ子どもの自由を尊重する親」でありたいと答えた父親は1982年には68.5%でしたが、2012年は83.2%まで15%近くも増加しています。母親も66%から79.3%にやはり13%ほど増加しています。子どもの自主性に任せる親が増えているのですね。


それに対て、「子どもを甘やかさない、厳しい親」でありたいと答えた父親は、1982年の調査では22.4%であったのが、2012年では15.6%まで大きく減少しています。


「やさしくあたたかい」「よくわかってくれる」「いろいろなことを話す」(【「中学生・高校生の生活と意識調査・2012」】の結果概要より引用)、そんな親と子の関係が増えているのです。そうした風潮の結果として、家庭の教育力低下が指摘されているのはご存知でしょう。


何も、こうした傾向は、最近のことではなく、今から13年前の2002年の「中学生・高校生の生活と意識調査」でも見られます。おそらく、校内暴力が吹き荒れ、それが沈静化した1980年代後半から90年代前半にかけて、親と子、あるいは学校での規律教育に関して、大きな変化があったのだと思います。


ポイントは、今、教育現場で(学習塾で、あるいは学校で)教えている先生の多くが、友だちのような親子関係の中で育ち、そして先生と呼ばれる職業についているという事実です。


それは、良い意味でも、悪い意味でも叱る・叱られるという経験値が、少なかった人たちが、教える側に立っているということです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中土井 鉄信

合資会社 マネジメント・ブレイン・アソシエイツ 代表

1961年、神奈川県横浜市生まれ。 現在、合資会社マネジメント・ブレイン・アソシエイツ代表。 NPO法人 ピースコミュニケーション研究所理事長。

フォロー フォローして中土井 鉄信の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。