看護師が教える!驚くほど熟睡できる睡眠テクニック10選

画像: Sig.

2015.12.08

ライフ・ソーシャル

看護師が教える!驚くほど熟睡できる睡眠テクニック10選

ジョブデポ看護師 編集部
株式会社babys breath 編集長

体が疲れているのに、なぜかなかなか寝付けない日もありますよね!今回は、看護師さんに睡眠の極意を紹介してもらいました。これを見てあなたも今日から熟睡できること間違いなし!

グッスリ眠ることは、翌日の仕事や勉強の効率を上げますし、生活習慣病予防にも役立ちます。グッスリ眠るためには、寝室の環境を整え、食事や飲み物に注意し、就寝前にはしっかり準備をしておくことが重要なのです。グッスリ快適に眠るための10個のコツをご紹介します。


グッスリ眠れる環境を整える

睡眠環境を整える

グッスリ眠るためには、まず寝室の環境を整えましょう。グッスリ眠れる環境を作るためには、寝具にこだわり、音や室温にも注意する必要があります。

1. 寝具にこだわろう!

寝具にこだわる

グッスリ眠るための1つ目のコツは、寝具です。あなたは枕やマットレス、掛け布団などにこだわっているでしょうか?

特に、枕とマットレスは睡眠に大きな影響を及ぼすものです。枕の高さや材質、柔らかさなどが合っていないと、首や肩に負担がかかり眠りが浅くなってしまいます。

また、マットレスが体に合っていないと、腰痛の原因になります。睡眠中に腰痛を感じていたら、もちろん眠りが浅くなりますよね。

グッスリ快適に眠るためには、あなたに合った枕やマットレスを用意しましょう。新たに買い直すのは、経済的に痛いと思うかもしれませんが、1日6~8時間をベッドで寝て過ごすんです。

1日24時間のうち6~8時間は寝て過ごす。これを毎日続けますので、一生のうち3分の1から4分の1はベッドにお世話になるのです。これを考えると、自分にピッタリ合った寝具を買い直すのは、無駄な出費ではありませんよね。

2. 音にも気をつけて

音に気をつける

グッスリ眠るためのコツ2つ目は、音に気をつけることです。あなたはテレビをつけっぱなしにしたり、洗濯機を回したまま眠りについていないでしょうか?

周囲の音は、睡眠に大きな影響を及ぼします。寝室の音が40デシベルを超えると、睡眠に悪影響を与えると言われているのです。

テレビの音は55~70デシベル、洗濯機の音は65~70デシベルですから、テレビはきちんと消して、洗濯機も就寝前に終わらせるようにしましょう。

また、自宅が大通りに面していて車の音がうるさい、隣の家の犬の鳴き声が気になるなど、自宅外の音がうるさい場合は、耳栓をつけて寝ると良いですよ!

3. 室温を調整して

室温を調整する

3つ目のコツは室温です。寝室の室温は、快適に眠ることができる温度になっているでしょうか?暑すぎても寒すぎても、グッスリ眠ることはできません。

グッスリ眠るための室温は、夏は25~27℃、冬は15~20℃です。冷房や暖房を使って、就寝前に寝室をこの温度に調整しておきましょう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

ジョブデポ看護師 編集部

ジョブデポ看護師 編集部

株式会社babys breath 編集長

看護師や保育士向けのオウンドメディアを運営しています。

フォロー フォローしてジョブデポ看護師 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。