昨日の理由と明日の理由

2013.11.28

ライフ・ソーシャル

昨日の理由と明日の理由

純丘曜彰 教授博士
大阪芸術大学 哲学教授

/過去が理由なら、それはリアクション。永遠に過去から逃れられず、仕方ない一生から脱しえない。だが、きみは未来を理由にすることもできる。自分の未来を取り戻したければ、きみはけっして過去を理由にしてはならない。/

 過去といまを理由で繫ぐのではなく、いまと未来を理由で繫ごう。過去に生きるのではなく、未来に生きよう。他人の昨日を断ち切り、自分の未来を取り戻そう。風邪気味だから、寝不足だから、まだ寒いから、もうすこし寝ている、そして寝坊したから、ドタバタとあわてて出て行く、というのではなく、風邪を早く治すようにうがいをし、明日のために夜は早く寝て、寒くないようにガウンでもなんでもはおれば、きみはもっと余裕をもって起きられる。あわてて出て行くこともない。状況そのものが、きみのものになる。

 すべてはきみの決断だ。決断とは、過去の理由を切り捨て、未来の理由を切り拓くこと。状況にきみがつつき回されるリアクションから、きみが状況の方を駆り立てるアクションへ。後向きから前向きへ、守勢から攻勢へ、180度の転換。そして、未来の理由に向けて、きみは橋をかける。その橋を渡っていけば、きみは、きみの未来へ近づく。

by Univ.-Prof.Dr. Teruaki Georges Sumioka 純丘曜彰教授博士
(大阪芸術大学芸術学部哲学教授、東京大学卒、文学修士(東京大学)、美術博士(東京藝術大学)、元テレビ朝日報道局『朝まで生テレビ!』ブレイン。専門は哲学、メディア文化論。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

純丘曜彰 教授博士

大阪芸術大学 哲学教授

美術博士(東京藝大)、文学修士(東大)。東大卒。テレビ朝日ブレーン として『朝まで生テレビ!』を立ち上げ、東海大学総合経営学部准教授、グーテンベルク大学メディア学部客員教授などを経て現職。

フォロー フォローして純丘曜彰 教授博士の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。