「情報価値」を高める

2012.09.21

営業・マーケティング

「情報価値」を高める

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

製品・サービス単体での差別化が困難な今、製品・サービスの「選定プロセス」や「消費・利用」をより賢く、より楽しくできる「情報」を様々なチャネル・ツールを通じて提供することが、ますます重要なマーケティングになりつつあります。

具体的には、

・自社が扱う製品カテゴリーの歴史や知られざる秘話・逸話

・製品の部品や原材料にまつわる興味深い話

・賢い製品の選び方(選定基準)

・製品をより楽しむノウハウ

・楽しく使いこなしているユーザーの声

など、製品の仕様や特徴を伝える情報(「製品情報」)とは異なる、

消費者にとって価値ある情報

を提供する。

こうした価値ある情報を得た消費者は、その情報を提供する企業に対する信頼と好意が高まり、最終的にその企業の製品・サービスを優先的に選択・購入してくれる確率が高まるのです。

ところが、残念なことに、いまだ多くの企業はとかく短期志向で、すぐに成果を出したいと

「製品情報」

あるいは、販促のための

「キャンペーン情報」

ばかり消費者に大量に押し付けてしまっています。

その結果、逆に消費者に忌避され、ますます売れなくなってしまっています。

「製品情報」「キャンペーン情報」は、企業にとっては価値ある情報でしょう。

しかし、消費者にとってはそれほど価値が高いわけではありません。
(いますぐその製品を購入したい人を除いては)

消費者はそれ以前に知りたい情報があるのです。

それは、冒頭に書いたように、

・製品・サービスの「選定プロセス」や「消費・利用」をより賢く、より楽しくすることのできる「情報」

なのです。

もちろん、そうした「情報」の提供についても、競合が追随することができますし、競争優位性を維持するのは簡単ではありません。

それでも、「価値ある情報の提供」は、物理的な制約のある製品・サービス本体における差別化よりもはるかに制約が少なく、多様な展開が可能です。

しかも、消費者とのコミュニケーションは、インターネット登場以降、多様化しています。さまざまなチャネル、ツールが活用できる。

消費者に喜ばれる「情報価値」を高めることは、今後のマーケティングにおける最も重要な取り組み課題だと私は確信しています。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。