ショールーミング&アマゾンチェック対策

2012.09.07

営業・マーケティング

ショールーミング&アマゾンチェック対策

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

売り手にとって今、最も悩ましいネットの消費者行動は2つあります。(現実には、両者を組み合わせたものになることが多いのですが) ひとつは、リアル店舗で品定めだけして、購入はオンラインで行なう「ショールーミング」。 もうひとつは、通販カタログや様々なECサイトのセール品を衝動買いするのではなく、アマゾンなどで同一品・同等品の価格を比較して、最安値のサイトで購入する「アマゾンチェック」です。

「ショールーミング」は、リアル店舗において悩みの種。

しかも、スマホの浸透により、店頭でさらに簡単にオンライン価格を調べることができるようになったので、

「ショールーミング」

はますます加速することが予測できます。

リアル店舗では、地代・家賃、光熱費、人件費など、ネットと比較しても多額の維持運営費が必要です。したがって、ネットほどの「安値」を打ち出すことはなかなか難しい。店頭価格をネット価格に無理やり合わせるお店もあるようですが、利益を削るだけの話。

また、「ポイントカード」が、ショールーミング対策のひとつとして採用が推奨されているようですが、ネットでも類似のロイヤルティプログラムをやっていれば、あまり効果ありませんね。

現状、リアル店舗において有効なショールーミング対策は、

・オリジナル商品(プライベートブランド)開発
・既存商品のコーディネート、カスタマイズ提案
・接客サービスの向上

といったことになるかと思います。

一方で、

「アマゾンチェック」
(私が勝手にそう名づけました)

は、リアル店舗のみならず、カタログ通販、テレビ通販、ECサイトなどにとっても悩ましい行動です。

私もつい最近、ある通販カタログでいいなと思った商品があり、購入しようしたんですが・・・

「ちょっとまてよ、いちおうアマゾンで同一品があるかもしれないから調べてみよう!」

とブラウザーを立ち上げたら、やっぱり同一商品が見つかりました。しかも、カタログ価格よりも1,000円も安かった。

送料も無料となれば、カタログ通販を利用するようなアホなことは誰もしないでしょう。

なお、「アマゾンチェック」といっても、実際には、商品カテゴリーによっては
アマゾンだけでなく、楽天、そしてカカクコムなども当然チェックするわけです。要するに、もはや「安い(かも)」と思わせて衝動買いさせるのはますます難しくなっており、

「同じ商品なら安いほうがいい」

とネットを調べまくる消費者を売り手は相手にしなければいけないのです。

では、アマゾンチェック対策はどうしたらいいのかということですが、やはりショールーミング対策と同様、

・オリジナル商品(プライベートブランド)開発
・既存商品のコーディネート、カスタマイズ提案

に取り組むことでしょう。

昔のように、問屋から商品を仕入れて並べるだけの安易な小売商売はできなくなったということです。

なお、ECサイトについて補足すると、リアル店舗では可能な、

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。