「価値観」「性格」も浮き彫りになるビッグデータ分析

2012.08.29

営業・マーケティング

「価値観」「性格」も浮き彫りになるビッグデータ分析

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

昨日(2012/08/28)、秋葉原で開催された第29回JMRX勉強会、「マーケティングアナリシス最前線」に出席してきました。 とても充実した内容で、今後のマーケティングリサーチやビッグデータ分析の方向性・可能性について、多くのヒントを得ることができました。

以下、講演タイトル&講師をご紹介しておきます。

----------------------------------

<「マーケティングアナリシス最前線」講演タイトル&講師>

『データで予測する2012年第4回AKB選抜総選挙』
(株式会社ルグラン 代表取締役 共同CEO 泉 浩人氏)

『ビッグデータ時代に必要なアナリストのスキルと組織』
(株式会社マイクロアド 未来広告研究所 所長 中川 斉氏)

『次世代を見据えた統合マーケティングプラットフォーム』
(株式会社ボーダーズ クライアントサービスグループ
    マネージャー 中島 慶久氏)

『Mobageの大規模データマイニング活用』
(株式会社ディー・エヌ・エー
    ソーシャルプラットフォーム事業本部 濱田 晃一氏)

『データ分析をビジネスプロセスにどう組み込むか』
(トランスコスモス・アナリティクス株式会社
    取締役副社長 萩原雅之氏)

-----------------------------------

さて、今日は、マイクロアド、中川氏のご講演の一部を基に、ビッグデータ分析で、

「価値観」や「性格」

さえも推測できるようになるかも・・・という話をしたいと思います。

米心理学者、ヤンケロビッチ博士は、消費者の心理・行動を理解することに役立つ

「価値観ヒエラルキー」

を生み出しています。これは、「行動」とその背景にある

「心理の構造」

を概念化したものです。

具体的には、一番深いところにある「性格」から、「行動」に直接結びつく「趣味・嗜好」を以下のように5段階で階層化しています。

-----------------------------------

<ヤンケロビッチの価値観ヒエラルキー>

(1)性 格
   ↓
(2)価値観
   ↓
(3)ライフスタイル
   ↓
(4)趣味嗜好
   ↓
(5)行動

-----------------------------------

中川氏は、この価値観ヒエラルキーの図を示しつつ、

「Web行動履歴」や「(SNSなどの)書き込みテキスト」

の分析によって、行動の背景にある

「心理」

がかなり深いところまで読める可能性を示しました。

まず、「Web行動履歴」の分析ですが、これは文字通り、アクセスログデータ等を分析することでインターネット上の「行動」を把握するものです。

もちろん、「1セッション」だけの行動履歴ではどのページを回遊し、何を購入したかといった、直近の行動しかわかりません。しかし、同一人物の行動履歴を1週間ほど追っていると、その人(基本的に人物は特定できません)の

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。