シニアに売りたいなら「シニア」と言っちゃダメ!

画像: CAHO - Council of Academic Hospitals of Ontario

2012.08.02

営業・マーケティング

シニアに売りたいなら「シニア」と言っちゃダメ!

竹林 篤実
コミュニケーション研究所 代表

「汝、己を知れ」がソクラテスの至言なら、マーケティングの鉄則は「汝、顧客を知れ」。ターゲットをシニアとするなら、彼らをどのように捉えればよいだろうか。

まちがっても「成熟したい」などとは思わないし、「成熟した」思われたくもない。これが今どき50代の圧倒的多数派である。従ってシニア向け商品なりサービスに「シニア」は禁句だ。ネーミングやキャッチコピーに「シニア」と書かれた瞬間に、今どき50代は「あっ、それ私向け/俺向けじゃないんね」と受け止める。「いきいき」「悠々」「お達者」………、すべて論外である。

新たな50代マーケット

「50代になってもジーンズが似合う格好いい大人でありたい」と考える人が、50代で64.1%いる(前掲紙)。ということを、嗅ぎつけている企業が当然ある。少し前、さまざまな年代の人が、ブルージーンズにオフホワイトのオックスフォードシャツを着こなすCMが流されていた。各年代の中には、さりげなく50代も混ぜられていた。うまいやり方だ。

しかも、恐ろしいことに「50代を過ぎたら、もう年をとらない」と思っている人も61.4%いる(前掲紙)。彼らが「五十にして天命を知り、六十にして耳順い、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず」となるのかどうか。ならないのだとすれが、必ずそこに新しいマーケットが生まれるに違いない。

『シニアマーケットは、年齢8掛けで考える』。これはシニア攻略法の鉄則である。

そういえば、筆者の知り合いの50代には、つい最近婚活始めた人がいるし、毎週週末にはファンクでノリノリに踊っている人もいる。そんなもんである。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

竹林 篤実

コミュニケーション研究所 代表

フォロー フォローして竹林 篤実の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。