「自己実現的人間」とは?

2012.07.13

ライフ・ソーシャル

「自己実現的人間」とは?

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

マズローの欲求段階説において、最高次に位置づけられるのは、「自己実現の欲求」でした。そして、人の行動が主として「自己実現の欲求」によって動機づけられている人、すなわち、自己実現欲求に突き動かされて日々の生活を送っている人々のことを「自己実現人間」と呼びます。

マズローの独断的な見立てによると、自己実現の欲求に満足している度合いは「10%程度」ということですから、真の「自己実現人間」と呼べる人は極めて少ないことがうかがえます。

さて、「自己実現人間」と呼べる人々の特徴はどのようなものでしょうか?

マズローは、個人的な好奇心からこの研究に取り組みました。有名人(晩年のリンカーンやトマス・ジェファーソン、アインシュタイン、エリノア・ルーズベルトなど)、および、個人的な知人・友人などを被験者として選び、自己実現人間に見られる特徴を整理したのでした。(なお、この研究手法に対して、彼自身、信頼性や妥当性など に問題があることを認めています)

では、マズローの論考に基づいて、「自己実現人間」の主要な特徴をまとめてみましょう。

------------------------------------

1.現実をありのままに見ることができる。

“子供が偏りや批判のない無邪気な目で世界を眺め、事実をありのままに観察し、いたずらに論じたり、別のものであればと願ったりすることがないように、自己実現人間も、自分自身や他の人々の人間性を、そのまま受け止めるのである。”(『人間性の心理学』P232)

一般に、私たちは、大人になればなるほど先入観、固定観念の固まりとなり、あらゆる物事を色眼鏡をかけて解釈するようになります。ありのままの事実ではなく、自分が見たい、知りたい事実のみを受け入れ、あるいは事実そのものをねじ曲げてしまう。

このような態度は、しばしば他者とのトラブルや、未知・新奇なものに対する拒絶を生み出し、せっかく自己の成長の機会を逃してしまうことにつながります。

しかし、自己実現人間は、自分にとって不快であったり、異質なできごとや人間性を素直に受け入れることができます。そして、「現状」と「あるべき姿」(理想)とのギャップを認識しつつ、しかるべき対応を行なうことで、よりよい方向へと状況を変えることができるのです。

自己実現人間は素直な心を持ち、「自然体」が身についた人と言えるでしょう。

------------------------------------

2.「成長」に動機づけられている。

“彼らにとって、動機づけとはまさに人格の成長であり、性格の表現であり、成熟であり、発展である。”
(『人間性の心理学』P238)

自己実現は最高次の欲求ですから、自己実現人間は、基本的に、下位の欲求、すなわち、生理的欲求、安全欲求、愛と所属の欲求、承認欲求などに対する満足度が高い人々です。これらは、「ないから満たされたい」という欠乏欲求です。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。