概念の工作~「成功」の反対は?…「失敗」ではない

2012.03.01

仕事術

概念の工作~「成功」の反対は?…「失敗」ではない

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

失敗は成功までの一つの過程であって、その経験知は成功の土台になるので資産である。成功も失敗も資産側に計上すべきプラス価値のものである。では、マイナス価値に置かれるものは……?

 私は最近、「概念工作家」という肩書きを付けるようになりました。英語表記では「コンセプチュアル・クラフツパーソン(conceptual craftsperson)」と勝手に造語をしています。
 私は、子どものころから工作が好きで、木工やねんど細工、紙工作、電気回路のハンダ付けなど時間を忘れてやっていました。大人になるにつれ、職人の手仕事に関心が湧いてきて、「クラフツマンシップ」というような精神性にあこがれも抱くようになりました。私が最初、メーカーに就職したのもそんな流れでした。

 ところが私は、いつごろからか、モノの切り貼り・組み立て・造形よりも、概念・観念といったコトの切り貼り・組み立て・造形といった表現のほうに魅力を感じるようになりました。
 なぜかというと、仕事に対する動機が変わっていったからです。最初、メーカーに入り、希望どおり商品開発部門で働いていたときは、「何か新規性のあるモノをつくって、世の中を驚かせてやろう」のような、言ってみれば、「モノを通して新しいスタイルを提案すること」に面白みを感じていたように思います。

 ちなみに、“ように思います”という表現になるのは、働く動機というのは、往々にして、進行形で動いているときには見えにくいものだからです。

 そうして20代の月日は流れ、30代前半くらいに、あるアート作品本に出会いました。オノ・ヨーコの『グレープフルーツ・ジュース』です。ページをめくるたび次のような文が並んでいます。

 「地球が回る音を聴きなさい。」

 「空っぽのバッグを持ちなさい。
  丘の頂上に行きなさい。
  できるかぎりたくさんの光を
  バッグにつめこみなさい。
  暗くなったら家に帰りなさい。
  あなたの部屋の電球のある場所に
  バッグをつるしなさい。」

 「想像しなさい。
  あなたの身体がうすいティッシューのようになって
  急速に
  世界中に広がっていくところを。
  想像しなさい。
  そのティッシューからちぎりとった一片を。
  同じサイズのゴムを
  切りなさい。
  そしてそれを、あなたのベッドの横の
  壁につるしなさい。」

 「月に匂いを送りなさい。」

 「録音しなさい。
  石が年をとっていく音を。」

 
 「ある金額のドルを選びなさい。
  そして想像しなさい。
  a その金額で買える
  すべての物のことを。

  想像しなさい。
  b その金額で買えない
  すべての物のことを。
  一枚の紙にそれを書き出しなさい。」

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。