仕事のなかに「祈り」はあるか

2011.11.24

仕事術

仕事のなかに「祈り」はあるか

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

「ゲームとしての仕事」が幅をきかせるビジネス社会にあって、「道としての仕事」に邁進できる人は幸福である。そこには自分を十全にひらきたいという祈りが必然的に起こってくる。

◆正倉院宝物がもつ時空を超える力
 奈良出張に合わせ、第63回『正倉院展』(奈良国立博物館:2011年10月29日~11月14日)を観てきた。私は小学校の時から、奈良県へは遠足やら社会見学やらで何度も行ったが、大人になってからの奈良はほとんど初めてといっていい。大人になってから観る寺院や仏像、そしてこうした宝物(ほうぶつ)工芸品は何とも新鮮で、驚きの再発見が絶えない。
 展示物を観て感嘆するのは、その生々しさである。1200余年を超えても、その物自体が発する息が聞こえてきそうな感じだ。色、紋様、形状、構造、素材の質感、細部に至る技……それらは現代のデザインと比較しても、まったく古臭くないどころか、啓蒙的ですらある。
 天平文化がもつ大陸文化への憧憬と初々しさの残る国風文化との融合具合がえも言われぬ表現となって造形され、一品一品、いま、21世紀に生きる私たちの目の前にある。古人は何とも素晴らしい贈り物をしてくれたものだと感謝をする。

 さて、これらの宝物は、なぜ、いまだ私たちを魅了する力をもっているのだろう───?
 確かに、1200余年という時間が横たわっていることはある。そして、ものづくりの卓越さもある。制作のための化学知識や技術は7世紀にしてすでに驚くべき水準をもっていた。
 しかし、それ以上に私が感じたことは、作り手の「祈り」である。一点一点の物からは、単に技巧的に美しく見せるという以上に、人の真剣さや敬虔さ、畏怖の気持ちからしか醸し出てこないような美のオーラがあるのだ。
 作り手は、天皇という天上の存在を想い、あるいは、仏(ほとけ)という最上の境地を想い、一筆一筆、一刻一刻、一織一織に祈りを込めて作り、奉献した。私は、作り手が制作という仕事のなかに無垢な「祈り」を込めたところが、これらの宝物に時空を超える力を与える見逃してはならない要素だと思う。

◆「ゲームとしての仕事」/「道としての仕事」
 さて、ひるがえって、現代のビジネス社会に働く私たちには、仕事に「祈り」があるだろうか。

 「仕事に、イノリ?」───多くのビジネスパーソンにとってこれは突拍子のない問いかもしれない。私たちはあまりにゲーム化され、巨大システム化されたビジネスのなかで働いているので、競争や駆け引きに注力しなければならないし、効率化や利益の最大化に長けなければならない。そして、大きな組織・大きなシステムの部分を断片的に任されているので、個人は、自分がどう組織や社会に貢献しているのか、お客様とどうつながっているのかが、ますますわかりにくくなっている。どうも私たちは「祈り」から遠い世界で働いているのだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。