論点がブレまくる企画会議。悪いのは誰?

2010.10.20

経営・マネジメント

論点がブレまくる企画会議。悪いのは誰?

赤秀 有為
エフィジェント株式会社 代表取締役コンサルタント

なんで、企画会議は、いつもいつも論点がブレまくるのだろうか? ≪苦労して作ったディスカッションペーパーが、無視されて あさっての方向に議論が展開する。1時間の会議を想定していたのに、3時間も4時間もおしてしまう。挙句の果てに、お調子モノのメンバに、進行役をジャックされる。≫いったい、悪いのは誰なのか?

■企画会議は、どこの現場でも論点がブレまくる。
なんで、企画会議は、いつもいつも論点がブレまくるのだろうか?
進行役:「先週の会議にて 皆でSWOT分析をしましたね。本日は、この分析結果をもとに施策のアイデア出しをしましょう!」と言ったそばから、

佐藤君:「今は 超円高だよね。Tに、円高の脅威を含めた方が、、、」
鈴木君:「いやいや、円高はむしろ、Oの機会になるのでは、、、」という具合になる。
進行役:<SWOT分析は、先週 やっと完了させたのに。蒸し返されると また 全体でアナーキーな議論が紛糾する。全体議論をまとめるの、大変なんだから、勘弁してよ!>

また、
佐藤君:「先程の“○○のプロ組織を作り上げる“施策だけど、うちの会社は 元々○○に強みがないから 単独でプロ組織を作るのは無理だね!」
鈴木君:「じゃあ、コンサルを入れますか?」
佐藤君:「そうだね。あと、どれくらいの期間がかかるかなぁ。3年位 想定しておいた方が良いのかな。」という具合に、施策の実行計画の話に展開する。
進行役:<今は、施策のアイデア出しだけをやりたいの。全て洗い出された後に 施策の評価/優先順位付け、それから、具現化に向けての策を考えるから。うちの部門で、企画会議を進めると、いつもこんな風にグダグダになる。他の会社だと、もっとスマートにやっているのだろうな。>

いえいえ、どこの現場でも 同じ様に皆さん苦労されている様ですよ。

■思い通りに会議が進まず、進行役はストレスフル。
苦労して作ったディスカッションペーパーが、無視されて あさっての方向に議論が展開する。1時間の会議を想定していたのに、3時間も4時間もおしてしまう。挙句の果てに、お調子モノのメンバに、進行役をジャックされる。

会議の進行役は、自分の想い描く会議の展開にならずに イライラしてくる。そこで、
進行役:「佐藤君、論点がブレてるよ。本日の議題は、施策のアイデア出しです。論点を戻しましょう!」そう言うと、今度は、静まり返り 誰も発言しなくなる。論点ブレより、アイデアが出ないのはもっと致命傷である。いやはや、これはいったいどうしたものか?

■たいていの人は 論点がブレてしまうもの!
悪いのは、佐藤君だろうか?鈴木君だろうか?
いえいえ、どちらも悪くないし、どちらも企画検討能力が欠落しているというわけではない。
そもそも、企画というのは 高度な作業であり、様々な角度から視点を変えて 物事を捉えて アイデアを発散させる。そもそも 元々の論点を意識し続ける事は難しいのである。すなわち、ブレ易いのである。
たまに、論点をブラさずに、素晴らしいアイデアを創出する優秀な人はいるが、稀である。

次のページ進行役は、会議進行に意識が向いているから、論点はブレに...

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

赤秀 有為

エフィジェント株式会社 代表取締役コンサルタント

1973年 千葉県生まれ。慶應義塾大学 環境情報学部卒。IBM/サン・マイクロシステムズ/PwCコンサルティング社にて、いずれもコンサルタント職として計10年在籍。その後、エフィジェント社の代表コンサルタントとして、新規事業立ち上げ支援やBPR/ERP導入支援を遂行。現在、BPR経験と業務ミドルウェアソフトでの開発経験を活かし、RPA導入支援に注力。 *UiPath社認定 RPA Developer Foundation Diploma 資格保有

フォロー フォローして赤秀 有為の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。