何でも“コンペ”にしたがる人の心理

2010.09.13

組織・人材

何でも“コンペ”にしたがる人の心理

川口 雅裕
NPO法人・老いの工学研究所 理事長 /一般社団法人「人と組織の活性化研究会」理事

コンペにはメリットもあれば、デメリットもある。まるで常識か癖のように、何でもコンペにするような仕事の仕方で良いのだろうか。

コンペをしたがるというのは、やりたいことが特にない証拠でもあります。自分が実現したいこと、達成したいことが明確でないので、お金をかけるところと削るところもハッキリできず、前例にのっとったことを、ちょっとだけ経費削減してやれば、御の字。コンペをやりたくなる気持ちは、当事者としての情熱や目標や勉強の欠如から来るもののような気がします。「何でもかんでもコンペにするんじゃない。参加する側の気持ちになってみろ。」と現場をたしなめていた、ある上場企業の元社長の言葉を思い出して改めてそう感じます。

組織人事・社員研修のことならイニシアチブ・パートナーズ

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

川口 雅裕

NPO法人・老いの工学研究所 理事長 /一般社団法人「人と組織の活性化研究会」理事

「高齢社会、高齢期のライフスタイル」と「組織人事関連(組織開発・人材育成・人事マネジメント・働き方改革など」)をテーマとした講演を行っています。

フォロー フォローして川口 雅裕の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。