「ゆとり世代」を批判する「“実はゆとりな”世代」。

2010.06.21

組織・人材

「ゆとり世代」を批判する「“実はゆとりな”世代」。

川口 雅裕
組織人事研究者 /NPO法人「老いの工学研究所」理事長/一般社団法人「人と組織の活性化研究会」世話人

私だってバブル入社なので、若い頃はゆとりのあった世代だ。社会に出てきたいわゆる「ゆとり世代」を非難することなく、皆で一緒に頑張ろうじゃないか。

ゆとり世代が社会に出てくるようになって、彼らを蔑んだり、馬鹿にしたりするような物言いが(特にネット上では)目に付きますが、その内容については異議があります。例えば、ゆとり世代は学力が低いという点については、そもそも「ゆとり教育」になって、いきなり学校で学ぶ分量や時間が減ったわけではなく、恐らく30年位前からは既に教科書の分量は徐々に減ってきていて、だから現在40歳代の人達も含めて、徐々に学力は低下してきていたんじゃないかという見方もできます。少なくとも、自分たちはマトモなのに、突然これまで見たことがないような学力の低い世代が誕生したように言うのは当たっていないでしょう。

常識や振る舞いがなっていないという指摘もありますが、そんなことは昔から学校のカリキュラムにはなかったわけで、ゆとり教育が原因でないことは明らかです。常識というものは親や大人や先輩を見て、マネをしながら学ぶような類のものであって、彼らが「あいさつもできん」「言葉遣いがなってない」「マナーを知らない」のであれば、親や大人や先輩がそうだからではないのかと思います。「あいさつもできん」「言葉遣いがなってない」「マナーを知らない」上司、大人を会社でも街でも見かけますが、それをマネしているだけではないか。少なくとも、自分たちはマトモなのに、突然これまで見たことがないような常識のない世代が誕生したように言うのは勝手な話です。

だいたい、ゆとり世代をバッシングして、何かいいことがあるのでしょうか。つまらんネタを書き続けて政権をバッシングし、支持率を落として総理を替えてしたり顔をするメディアと一緒で、全くメリットのない、生産性のないことをやっているようにしか見えません。世代間の争いはやめて、共生するにはどうしたらいいか。彼らがちゃんと就職して、仕事の力をつけてこれからを背負えるようになるためには、どうしたらいいかを考えることが大切なんではないかと思うわけです。

夕方の早い時間から居酒屋に繰り出して、退職金がいくらになるかとか、今度の賞与がどうなるかとかいう算数と、社内政治と自分の身の処し方、部下や他部署の批判などをのん気に語っている人達を見ると、なんとゆとりのある人達だろうと感じます。「ゆとり世代」という呼称は、実はこちらの世代に相応しい。そんなことを言うと、「こっちは昔苦労して、今の立場や処遇を手に入れたんだ」とおっしゃるでしょうが、20年も成長が止まっている大変な時代には上の人間が身体を張り、骨身を削るのが当然と考えますし、今の若者世代を作った責任だって全員に少しずつはあるはずなのです。

組織人事・社員研修のことならイニシアチブ・パートナーズ

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

川口 雅裕

組織人事研究者 /NPO法人「老いの工学研究所」理事長/一般社団法人「人と組織の活性化研究会」世話人

組織人事関連(組織開発・人材育成・人事マネジメント・働き方改革・健康経営など)や、高齢者・高齢社会をテーマとした講演を行っています。

フォロー フォローして川口 雅裕の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。