新社会人に贈る2010~力強い仕事人生を歩むために

2010.04.03

組織・人材

新社会人に贈る2010~力強い仕事人生を歩むために

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

みなさんは、とりあえず最初の会社に入った。その会社は、第一志望だったかもしれないし、失意の結果そこに行かざるをえなかった会社かもしれない。しかし本当の勝負はこれから……

=========

1■きょうこれからの一日一日が、十年後、二十年後をつくる

 まず、福沢諭吉の『学問のすすめ』から。この名著について残念なところは、おおかたの人が「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」という一節だけをなまじ習ったがゆえに、それ以上のことを求めないことです。
 この本で福沢は「お天道様は平等である」というような博愛主義のことをメインに言いたかったのでありません。この本は、「独立の気概を持て」「飼われた痩せ犬になるな」という指南書なのです。実は福沢が真に言いたいことは、その直後から記してあります。
 つまり、お天道様(宇宙の摂理のようなもの)は平等に人間の個体を造るのだが、世の中を見渡すに、賢い人もいれば愚かな人もいる、貧乏もいるし金持ちもいる、貴人もいれば下人もいる……結局この差はどこから生じてくるのか?―――それは、「学ぶ」か「学ばないか」の差によって生じる。
 先天的な運・不運ではない、後天的な努力・意志こそが、その人の生きる有り様を決定する。人は生まれながらに富貴なのではない、人の働きが富貴であれば、その人は結果的に富貴になる。―――これが福沢の最も言いたかったことです。具体的には次のように言っています。

 ○「人は生まれながらにして貴賎貧富の別なし。
  ただ学問を勤めて物事をよく知る者は貴人となり富人となり、
  無学ならん者は貧人となり下人となるなり」

 ○「天は富貴を人に与えずしてこれをその人の働きに与うる」

 ○「そのむつかしき仕事をする者を身分重き人と名づけ、
  やすき仕事をする者を身分軽き人という」

 新社会人となられたみなさんは、とりあえず最初の会社に入った。その会社は、第一志望だったかもしれないし、失意の結果そこに行かざるをえなかった会社かもしれない。しかし、会社や職業に貴賎貧富の別はない(ないと見るべき)。要は、そのスタート時点から、どのように努力と意志を持って働いていくか、どんな難しい仕事に進んでチャレンジしていくかで、最終的に自分のキャリアと人生は決まる。
 勤める人は、三年、五年、十年とかけて、ビジネスパーソンとして貴人となり富人となっていくし、勤めない人は、ビジネスパーソンとして貧人となり下人となっていくのです。
 私は研修の仕事でいろいろな規模・業種の民間会社、公務員組織をみていますし、私自身も40代後半になりましたので同期の世代を観察していますが、ほんとうに十年、二十年レンジの変化というものは、きっちりとその人の内面を反映するようになります。こわいものです。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。