國母選手のスタイルをパーソナルデザイン的見地からみると!?

2010.02.19

ライフ・ソーシャル

國母選手のスタイルをパーソナルデザイン的見地からみると!?

唐澤 理恵
株式会社パーソナルデザイン 代表取締役

スノーボード・ハーフパイプで期待されていた日本選手3名、メダルには至らず残念な結果に終わりました。さておき、國母選手はあのスタイルで話題になり、ある意味注目を浴びたわけです。とても個性的な彼のスタイルをパーソナルデザイン的にみてみたいと思います!

日本選抜選手がバンクーバーへ向かう途中のメディアに彼の個性的な姿が放映されました。

ドレッドヘアに鼻ピアス。無精ひげともとれるお髭スタイルに、規定とされた日本選手の制服であるジャケット&パンツスタイルを着崩し、ストリートファッション風に着こなす姿。

彼のスタイルそれだけを観ていれば、首の上のデザイン(髪型、アクセサリー)に合わせたんだと単純に思います。

あの制服そのものを観れば、決してフォーマルではありません。カジュアルです。ただし、ジャケットとパンツ、シャツとネクタイというトラディッショナルなものではあります。きちんと着るのか、多少着崩してもいいのかという判断は難しいところです。

しかし、どちらにしても、國母選手があの髪型、お髭スタイルのままで、あの与えられた制服をきちんとステキに着こなすのは、プロのスタイリストだって難しいのではないかと思います。

彼自身もあの制服を与えられ、どう着こなすか困ったはずです。きちんと着るとあの髪型には合いません。たぶん、鏡の前で何度も何度もシャツをどうするか、ネクタイをどうしたらもっとも自分らしく格好よく着こなせるか工夫している様子が目に浮かびます。独特の感性をもつ若者であれば当然です。

結果、あの首から上のスタイルにもっともふさわしく、トータルでコーディネイトできていると思えた着こなしがあの腰穿きスタイルだったのだと思います。

その結果、それをみた感性の違う大人たちからお叱りを受けたわけです。

國母選手からすれば、「あ~、またセンスのない古臭い大人たちが、わけのわからないことを言ってる!」という心理が働いてか、「反省してま~す!」という答えになったのでしょう。それが、さらに批難の声に拍車がかかったわけです。

そこで、パーソナルデザイン的にあのスタイルを評価してみましょう。

彼のもともとの顔立ちは、目の位置が低い無邪気な子供顔、目元には野性的な印象があり、お髭もそのワイルドさを増長しています。全体的には、独特の感性をもち自分の目指す世界を突き進む少年といった印象です。

そして、彼が身を置く世界もスノーボードという新しい世界。ストリートスポーツという世界かもしれません。決して大人(熟年)を中心とした保守的な世界ではありません。だからこそ、ドレッドヘアも合うし、鼻ピアスも合っています。

職業と、顔立ち、現在の髪型から観れば、あの着こなしもトータルコーディネイトされているといえます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

唐澤 理恵

株式会社パーソナルデザイン 代表取締役

「自分らしさをデザインする。」をコンセプトに、独自のパーソナルアイデンティティ分析を基に業界・業種・役職に合った「自分らしさ」をスタイリスト、ヘアデザイナー、ボイストレーナー、演出家ほか各種スペシャリストとともに演出をサポートしています。ビジネスパーソンのためのパーソナルプロデューサー、が肩書きです。

フォロー フォローして唐澤 理恵の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。