交通整理のおじさんが3人いるパン屋

2009.09.15

営業・マーケティング

交通整理のおじさんが3人いるパン屋

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

千葉・松戸の自宅から、 車を走らせること10分少々。 目当てのパン屋さん発見。 店前の行列ですぐわかったんですけど。 20組ぐらいかな、並んでたのは。

「わあー、いったいどれくらいの時間
 並ばなきゃいけないんだろう・・・?
 家から近いから出直そうかな!」

と思いましたが、
ともかくもそばの駐車場へ。

交通整理のおじさんが2人もいました。

車を止めて、店に向かうと
店の前にも1人、交通整理のおじさん。

「歩道に広がらないように並んでください」
「自転車、通りまーす」

などと注意を促してます。

この人気のパン屋さんは、

「Zopf(ツォップ)」

という名前のお店。

先日(09年9月6日)のソロモン流(テレビ東京)
にて、店主の伊原靖友氏が紹介されたおかげで、
お客さんがさらに増えたようです。

実は、ツォップは、
随分前から地元でも知られたお店。

でも、私は今回が初めて・・・

わざわざ行くのが、
なんか面倒だったんですよね。

実際、駅からも遠く不便な場所にありますが、
ジモティの私の場合、車ならわずか10分でした。
(もっと昔に行っとけば良かった・・・)

さて、行列に並ぶこと30分、
意外に早く順番がやってきました。

中に入ると、6畳ほどの大きさ、
というか狭さ。

しかし、驚くほどたくさんの種類のパンが
並んでいます。

一緒に行った息子は、
あれも欲しい、これも欲しいと
次々と選んでいきます。

息子が大好きなメロンパンも、
2種類ありましたので両方とも買いました。

値段はとみると、100円台のパンも多く、
他店と同じくらいの水準です。

例えば、ソロモン流で一番人気と
紹介されていたカレーパンは1個160円。

パンのさくさくした歯ごたえは、
他の店のカレーパンでは味わえない食感。

確かに病みつきになりそう!

ソロモン流によれば、
当店では1日300種類ものパンを
焼くそうです。

そして、1日に売れるパンの数は、
なんと約6,000個!

さて、ツォップが、
開店時間の朝6時半から、
夕方6時の閉店まで途切れることなく、
お客さんが続くほどの人気店になった
理由をまとめておきます。

・300種類から選ぶ楽しさ

 店主の伊原氏によれば、
 1種類当たりの販売個数は少なくしても、
 種類数は減らさないとのこと。

 実際、たくさんのパンの中から、
 自分の好みのパンを選べるのは実に楽しい。
 (一般的には1店当たりせいぜい
  50種類くらいですかね)

 しかも、ありきたりのものだけでなく、
 オリジナリティあふれた創作パンもあります。

 パン自体を味わえること以前に、まず
 「パンを買う楽しさ」も味わえるのが、
 ツォップの最大の魅力でしょう。

・手頃な値段

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。