ユーザーインサイトは今までのアクセス解析とはちょっと違う

2009.04.07

経営・マネジメント

ユーザーインサイトは今までのアクセス解析とはちょっと違う

安田 英久
株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

今日は、いつも紹介しているタイプとはちょっと違うアクセス解析サービス「ユーザーインサイト」を紹介します。その名のとおり、自分のサイトを訪れている人がどんな人で、どんな動きをしているのかを知ることが得意なツールです。

今日は、いつも紹介しているタイプとはちょっと違うアクセス解析サービス「ユーザーインサイト」を紹介します。その名のとおり、自分のサイトを訪れている人がどんな人で、どんな動きをしているのかを知ることが得意なツールです。

ユーザーインサイト(User Insight)は、サイトにどんな組織の人がアクセスしているのかを調べる簡易サービス「なかのひと」や携帯サイトのアクセス解析サービス「うごくひと」を運営する株式会社ユーザーローカルが昨年末から開始したアクセス解析サービスです。

Web担でテスト用に使わせてもらったので、しばらくデータを蓄積して使ってみた感想としては、「こいつはすごい」でした。どこがすごいのか、お伝えします。

ユーザーをさらに深く知るための解析

アクセス解析の種別でいうと、JavaScriptビーコン型のASPサービス。でも、このサービスは、ちょっと今までのアクセス解析ツールとは違います。何が違うかというと、他の手法ではわからない「訪問者を深くを知る(ユーザーインサイトを得る)」ことを中心においている点。

これまでのアクセス解析のフォーカスは「Webサイト」であり、サイトのアクセス状況がどうか、ユーザーのサイト上での動きがどうか、といった解析が中心で、解析対象のデータはプログラム的に直接取得できるデータでした。しかしユーザーインサイトでは、さらにユーザーを理解するための情報を提供してくれるのです。

具体的には、次のような情報を提供してくれます。

* 性別――男性/女性
* 年齢――10代/20代/30代/40代/50代以上
* ユーザーのインターネット利用度――超初心者/初心者/普通/ネット好き/マニア
* 利用シーン――通勤・通学/仕事中/昼食/夕食/深夜
* アクセス地域――都道府県別に加えて、関東や東海などのエリア別も
* アクセス組織――組織名に加えて、情報通信/メーカー/マスメディア/金融・商社/サービス業/官公庁/大学/ほか学校/その他の分類も

性別、年齢、ネット利用度、利用シーンなど

性別、年齢、ネット利用度、利用シーンなどは、統計的な推定によるものであるとのこと。100%正確ではないものの、データを見る限り、かなり精度は高いようです。地域や組織はこれまでのアクセス解析でもわかる点ですが、分析しやすいようにグループ化した分類で示してくれる点が便利です。これらのデータは、サイト全体の統計として見るだけでなく、ページごとにも確認できます。

次のページヒートマップでどこが読まれたかどこまで読まれたか確認

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

安田 英久

株式会社インプレスビジネスメディア Web担当者Forum編集長

企業のウェブサイト活用やウェブマーケティングに関するメディア「Web担当者Forum」(http://web-tan.forum.impressrd.jp/)を運営しています。

フォロー フォローして安田 英久の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。