もしも総理大臣が、いかりや長介さんだったら・・・。

2009.03.12

組織・人材

もしも総理大臣が、いかりや長介さんだったら・・・。

中村 修治
有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

『8時だョ!全員集合』で一世を風靡。ドラマ『踊る大捜査線』(フジテレビ系)のベテラン刑事・和久平八郎の渋い演技には、痺れたなぁ・・・。いま生きておられたら、この日本を見て何て言うのかなぁ・・・。

『「いかりやは、作家の台本をまるで採用しない」「ディレクターを信用しない」「全部一人でやりたがる独裁者」「鬼だ、蛇だ」「金をかすめとってんじゃねえか?」という風評が立った。何をかいわんや、である。私はいつでもネタに追われていた。追いまくられていた。ゼエゼエいっていた。フーフーいっていた。ネタを書き、舞台にのせるまでつくりあげる作業を他人にやってもらえるなら、こんなに楽なことはない。

だが、作家の書いてくる本、ディレクターのつける演出は、それぞれよく考えられてはいたが、やはり「頭で」考えられたものにすぎない場合が多く、そのまま客の前にかけられるものではなかった。だからどうしても、一度分解し、再構築する作業が必要になったのだ。
我々、演じ手は失敗すると次の日から街を歩けなくなる恐怖が常にあった。「ウケないかもしれないけどやるだけやってみようよ」というようなネタではダメなのだ。一度こっきりの生本番なのだ。「この次」がないのだ。裏方と演じ手の危機感の違いがそこにあったのだと思う』

この言葉を、日本の政治家であるリーダー達は、どう聞くのだろうか?
放送作家から上がってくる「頭」で考えたネタを、現場で、徹底的に自らが再構築する。
そして、ぶっつけ本番のナマ収録へと挑む。それを何十年もだ・・・。
官僚から出てくる原稿を棒読みする日本のリーダーに、この気概はない。


『テレビの消化力の強さを、テレビ局の人間も気づいていなかったとおもう。同じネタでも、違う局の番組でやれば、その局のスタッフははじめて見るネタだか ら、彼らにはウケるのだ。芸人は「あ、まだウケる」とおもってしまう。芸人は同じネタでいい、局の視聴率稼げるからありがたい、お互いに「これはおいしいぞ」とおもっていただろう。ところが、見る側からすれば、チャンネルが4でも6でも8でも10でも同じこと、「あ、また同じネタだ」となるだけだ』

お笑いをやりながら、テレビの消化力の早さを、誰よりも早く気づき、怖れたから・・・
新しいネタにこだわり続けた。
それを実行するために、嫌な役も引き受けて、リーダーであり続けたのだ。

お笑いも、政治も、テレビに映し出された時点で、消費される。
そして、構造として、「権力」は、叩かれる側にまわる。
マスコミや大衆は・・・・「8時だョ!全員集合」が、そうであったように・・・
リーダー=権力をいじりたいと願う。
ナマの方に、真実を見ようとする。
その中で、リーダーは、どうあるべきか。
いかりや長介さんの人生のほとんどは、その問いの答えを出すことに費やされたのだ。
どんなに嫌われようとも、お茶の間の子供達を、裏切らないっ。手を抜かないっ。
その真摯な姿勢こそ、身体を張ったリーダーの姿ではないだろうか。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

中村 修治

有限会社ペーパーカンパニー 株式会社キナックスホールディングス 代表取締役

昭和30年代後半、近江商人発祥の地で産まれる。立命館大学経済学部を卒業後、大手プロダクションへ入社。1994年に、企画会社ペーパーカンパニーを設立する。 その後、年間150本近い企画書を夜な夜な書く生活を続けるうちに覚醒。たくさんの広告代理店やたくさんの企業の皆様と酔狂な関係を築き、皆様のお陰を持ちまして、現在に至る。そんな「全身企画屋」である。

フォロー フォローして中村 修治の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。