世界初、GPS連動ケータイメモサービス・メモリがめざすもの 第3回

2008.12.02

開発秘話

世界初、GPS連動ケータイメモサービス・メモリがめざすもの 第3回

INSIGHT NOW! 編集部
南青山インサイト株式会社

ようやく日本からも、正真正銘、ワールドクラスのネットサービスが生まれた。GPSとGoogleマップを使い、自分が訪れた場所にメモを残す『メモリ』。世界の見え方を変える可能性のあるサービスの本質に迫る。

■不特定多数は相手にしない

GPSを使って位置を特定し、その場所にメモを残す。極めてシンプルなサービス・メモリなら、世界中のどこででも展開が可能だろう。

「いずれ世界中に広げたいなとは思っています。ケータイにGPS機能さえついていれば、場所を選ばず提供できるサービスですから」

すでにサービス展開を具体的に考えているエリアもあるという。海外であればGPS機能のついたケータイを持っている人たちは、ある程度限定されてくる。

「書き込まれるメモの内容にも、何らかの傾向が出る可能性はあるでしょうね。いずれにしても最初の1万メモが勝負になるのは、国内も海外も同じです。最初に書かれているメモの内容を見て、後から来た人が書き込んでいくわけですから」

世界展開を視野に入れているとはいえ、決して急ぐ様子もない。むしろ、あえてスローダウンを心がけているかのようでもある。

「この5年ぐらいの間に立ち上げられたいろいろなネットサービスとは、比べ物にならないぐらい遅いテンポですね。それでいいと思っています。メモリはこちらから使ってくださいとお願いして、使ってもらうサービスじゃないんです」

たとえ、どんなに簡単なひと言であっても、自分の心から発せられた言葉であってほしい。そういう思いの込められた言葉を残す場がメモリなのだ。

「いろんな方が好き勝手に書いてもらって全然オッケーなんですけれど、無理にお願いして書いてもらうことだけはやらない。それをやると情報のクォリティが落ちちゃうから」

シンプルといえば、極めてシンプルである。同じケータイを使ったサービスでいえば、モバゲーのような娯楽性はないし、mixiなどSNS系のような情報てんこもり感もない。あくまでも、自分が今いる場所で、ちょっと役に立つかもしれない情報だけが手に入るサービス・メモリ。では、メモリを今後、大川氏はどう展開していこうと考えているのだろうか。

▲メモリトップ画面
考え抜かれた末の必要最小限の要素が表示されるトップ画面。
とてもわかりやすく直感的に操作できる。

次回「過去の自分と未来の自分が対話できる場」へ続く(全四回)

『株式会社MemoLi関連リンク』
株式会社MemoLi ホームページ http://memoli.jp/pc/
※携帯からアクセスできるQRコードもコチラから↑

◇インタビュー:竹林篤実/清水優太 ◇構成:竹林篤実

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

INSIGHT NOW! 編集部

南青山インサイト株式会社

INSIGHTNOW!運営事務局/編集部です。

フォロー フォローしてINSIGHT NOW! 編集部の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。