ナチュラルローソンの探索型マーケティング

2007.06.12

営業・マーケティング

ナチュラルローソンの探索型マーケティング

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

コンビニ業界は、もはや成長産業ではありません。 有望立地には、競合店舗がひしめき、 一部の商品では価格競争さえ始まっています。 要するに、コンビニ店は量的には飽和状態。 今後も、売上を維持・拡大するためには 「質的な転換」 を図る時期が来ていると言えますよね。

とはいえ、

徒歩5分以内商圏、24時間営業、100平方メートル程度の店舗面積、
3000-4000アイテムの多品種少量の品揃えと、
チケット販売、公共料金支払い、ATMなど多様なサービスを提供

といった、これまでの成功モデル(型)を
打ち破るのは簡単ではありません。

最大手のセブン-イレブンでさえ、
まだ、コンビニの新たなスタイルを打ち出せずにいます。

しかし、若きリーダー、新浪剛史氏率いるローソンでは、

「ナチュラルローソン」

という2001年に立ち上げた新業態で、
脱コンビニの新たなスタイルを生み出すための、
さまざまな試行錯誤を重ねる

「探索型マーケティング」

を行い、一定の成果を上げているようです。
(PRESIDENT 2007.7.2)

ナチュラルローソンのメインターゲットは、
20-30代の働く女性です。

従来のコンビニが、20-30代の男性をメインターゲット
としていましたから、対極にある人たちをターゲットに
置いているわけです。

店内には「おでん」は置いてありません。
代わりに、焼きたてのパンの香り。

また、いかにも女性が好みそうな可愛い輸入雑貨や文具が
工夫を凝らした展示で置いてあります。

ヌードが踊るアダルト雑誌は昨年末に撤去。
一人で軽食がとれるイートインスペースあり。

そそくさと必要なものを買うために、
ついでに立ち寄る存在だった従来型コンビニとは異なる、
高品質な空間づくりにある程度成功していると思います。

日販は約60万円。従来のローソン(青ローソン)より
2割ほど高いそうです。

なお、平均的なコンビニの日販は40万円台です。
そして、約60万円というのは、酒・たばこを販売
している店舗がようやく達成できる水準です。

ナチュラルローソンの場合、
かなり客単価が高いんでしょうね。

さて、立ち上げからこれまでの経緯を追うと、
同業態の基本コンセプトである

「美と健康」

を売る店としての輪郭が鮮明になるためには3年を要し、
さらに業態としての完成度が増してきたのは、
この2年ほどとのこと。

つまり、およそ5年に渡る試行錯誤の中から、
新たなコンビニのモデル(型)を彫りこんきたわけです。

もちろん、さまざまな失敗も。

たとえば、軍手やクラフトテープは、
ナチュラルローソンらしくないといったんカットしたものの、
女性客の要望で復活。

一方で、イメージに合うキッチン雑貨は売れないそうです。
(ターゲットの働く女性は、忙しくてキッチンに
あまり入らないんじゃないかと思いますが。あるいは、
両親と同居しているので料理は母親任せかも・・・)

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。