ミック・ジャガーに学ぶマーケティングセンス

2008.05.11

営業・マーケティング

ミック・ジャガーに学ぶマーケティングセンス

竹林 篤実
コミュニケーション研究所 代表

ミック・ジャガーといえばローリング・ストーンズ。一度ワールドツアーに出れば、世界中で600万人を動員するお化けロックバンドである。そのグループを50年近くまとめてきたボスのやり方から、何を学べるだろうか。

全世界31カ国を回り,123回ステージに立つ。2005年から翌年にか
けて行なわれた『ア・ビガー・バン・ワールドツアー』byザ・ロー
リング・ストーンズである。総動員数にして600万人といわれる。

アメリカはもちろん日本、ヨーロッパにロシアやイスラエルなども
回っている。チケットは各国の物価事情に応じて価格が変わるのだろ
うが、アメリカではステージ近くの席で6万円ぐらいしたらしい。日
本でも最高がゴールデン・サークル席の65,000円、S席で35,000円
はしたという。

ごくアバウトな計算で仮に全世界平均でチケット単価を1万円とすれ
ば、動員数が600万人で600億円だ。もちろんツアーの総売上ともな
ればこの額には収まりきらない。コンサート会場では飲食にTシャツ
をはじめとするさまざまなグッズにCDも販売される。ざっと見積
もって年間で1000億円ぐらいの売上とみてよいだろう。

では、このワールドツアーの原価はどんなもんだろうか。

仮に1会場あたりのコストが人件費も込みで1億だとしよう。という
ことは132カ所なら、トータル132億円になる。さらにステージセッ
トそのものが10億円で、これは予備を見て4セット用意したとす
る。あとは移動コストとしてどれぐらいを見込むか。つい先日シルベ
スター・スタローンが日本に来た時のプライベートジェットのレンタ
ル料が3500万円だといっていた。これをベースに考えてざっと1回
あたり1億円として総額132億円。グッズについては原価率を40%
とみて160億円。

非常にアバウトではあるが、1000億円の売上に対して原価が500億
円ぐらい。粗利が実に500億円にもなる。ここからストーンズのメン
バーが受けとるギャラがどれぐらいにの額になるのか、想像もつかな
い。ともかくビッグビジネスであることだけは確かだ。

このビジネスのコア・コンピタンスは人である。中心人物はミック・
ジャガーだ(音楽についてはキース・リチャーズがミックと同じポジ
ションにいるが、ことマーケティングに関してはミックが仕切ってい
ると考えていいだろう)。ミック・ジャガーは今年65歳、スタッフ
までを含むストーンズグループを一企業として捉えるなら、極めて優
れた経営者といえはしないか。

そもそもミックは初めから、バンドが金になるかもしれないと思って
始めた節がある。ミックがキースと出会い活動を始めたのは18のと
きだが、当時彼は奨学金をもらいながら大学に通っていたという。こ
うした人物はイギリスではおそらく相当なインテリであるはずだ。そ
こで将来の展望を考えたときにミックは当然、バンドをやるか大学卒
業を目指すかを考えたはずだ。両方を天秤にかけた末に選んだのがバ
ンドであり、その理由としてはおぼろげではあっても自分たちが売れ
るための目算を持っていたからだろう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

竹林 篤実

コミュニケーション研究所 代表

フォロー フォローして竹林 篤実の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。