個人と社会を方向づける「観」という名の羅針盤

画像: Paul van de Velde

2020.09.23

組織・人材

個人と社会を方向づける「観」という名の羅針盤

村山 昇
キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

コロナ後に自分自身をどこに向けて動かすか。第1層・第2層の能力を使って何を成すか、の大舵はあなたの内の第3層にあります。そうした1人1人の第3層が複雑に合わさり、社会が動いていきます。ポストコロナの行き先は、もうすでに「いま・この心」から始まっています。

彼が第3層で持っている世界観、平和観、歴史観、人間観、死生観、職業観はどんなものでしょう。人は信念のために生き、信念のために死ぬことができる動物です。それほどまでに第3層は人間を強力に動かし、その人の一生を劇的に変えてしまうものです。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇

本年2月から全世界的に拡大した新型コロナウイルス。このコロナ禍は社会全体の事業活動そして個々の仕事活動を著しく停滞させました。しかし、冬には冬にしかできないことをするということで、多くのビジネスパーソンが自己研鑽に励んだ効用もありました。

コロナ禍の完全終息にはいましばらく時間を要しそうで、その分、自己研鑽にさらに取り組めそうですが、そこで忘れてはならないのは、能力習得だけでなく、じっくり、どっしりと時代・歴史をながめ、自らの観を醸成する思索時間を持つことだと思います。

コロナ後に自分自身をどこに向けて動かすか。人生100年時代において、まだまだこの先何十年と働いていくとき、第1層・第2層の能力を使って何を成すか、の大舵はあなたの内の第3層にあります。そうした1人1人の第3層が複雑に合わさり、社会が動いていきます。ポストコロナの行き先は、もうすでに「いま・この心」から始まっています。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

村山 昇

キャリア・ポートレート コンサルティング 代表

人財教育コンサルタント・概念工作家。 『プロフェッショナルシップ研修』(一個のプロとしての意識基盤をつくる教育プログラム)はじめ「コンセプチュアル思考研修」、管理職研修、キャリア開発研修などのジャンルで企業内研修を行なう。「働くこと・仕事」の本質をつかむ哲学的なアプローチを志向している。

フォロー フォローして村山 昇の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。