失敗学(3)大失敗する人の7つの習慣

2007.04.24

経営・マネジメント

失敗学(3)大失敗する人の7つの習慣

橋口 寛

企業の大失敗の要因を分析していた我々がたどり着いた結論。 それは、驚くべきものでした。 「大失敗は、トップが“名経営者”だからこそ起こる」 それが、我々チームがたどり着いた結論だったのです。

その5 会社のスポークスマンになりきり、会社のイメージ作りやその管理に最大の努力を傾ける
会社の本質的な価値を上げることよりも、会社のイメージ作りを重要視することもまた、危険な兆候です。
会社のイメージづくりを目的化していくと、やがては有価証券報告書さえも会社のイメージづくりのためのツールと化してしまい、粉飾に手を染めることにつながっていきます。
また、大失敗した経営者の中には、企業のテレビコマーシャルなどに自ら登場したがる経営者が非常に多く存在しました。この点に関する経営者のビヘイビアは、重要なリトマス試験紙となるでしょう。

その6 大きな障害を一時的な不都合のように見くびる
自らの描いたビジョンに夢中になるあまり、その実現にいたるまでの困難を見過ごしてしまうケースが多く見られました。
自らの過ちを認められないメンタリティを持っていると、問題に直面した時に、さらに前に進むしか選択肢は残っていません。(これを、エスカレーション・オブ・コミットメントと呼びます)
こうして、「小さな失敗」は、あっという間に「大失敗」へと成長していくのです。

その7 かつてうまくいった成功体験にしがみつく
大失敗をする経営トップは、かつて自らが経験した成功にこだわるあまり、組織をより窮地へと追い込んでいきます。
「アンラーニング」は、誰にだって容易なことではありません。しかし、自らをもって名経営者だと任じている人にとってほど、困難なことはないでしょう。

以上、「大失敗する人の7つの習慣」を紹介しました。

いかがでしょうか?
皆さんの組織のトップや、皆さん自身にどれだけ当てはまる部分があったでしょうか?

悲惨な大失敗を引き起こさないように、時折、組織のトップや自らの姿勢について、チェックされることをお薦めします。

(このコンテンツは、日経BP社「名経営者が、なぜ失敗するのか?」シドニーフィンケルシュタイン著、橋口寛監訳に基づき、書かれています)

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。