プライバシー侵害も心配される「走行税」は、本当に導入されるのか?

2020.02.10

ライフ・ソーシャル

プライバシー侵害も心配される「走行税」は、本当に導入されるのか?

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

収入を得れば所得税、会社を作れば法人税、モノを買えば消費税、家や土地を持てば固定資産税、住めば住民税、贈れば贈与税、親からもらっても相続税……と、生きていくためには実にさまざまな税金を支払わなくてはならない。われわれを取り巻くほぼすべてのものに税金がかかっているわけだが、それでも国はまだまだ税収不足だという。もしかしたら近い将来、新しい税金が誕生するかもしれない。そんなわれわれ庶民の心配をよそに、「走行税」という新税の導入が検討されていることをご存じだろうか。この「走行税」とは、自動車で走った距離に応じて税金がかかるというもの。すでに導入されている国もあるようだが、果たしてわが国では国民の理解を得られるのだろうか。もちろんまだ導入が決まったわけではないが、政府は少しでも税収を上げたいわけだから、今後の政治の流れ次第ではおかしな(!)ことにもなりかねない。今回はそんな走行税について調べてみた

【記事元】
日本クラウド証券株式会社 https://crowdbank.jp
日本クラウド証券メディア マネセツ https://manesetsu.jp

走行税とは、一体どんな税金なの?

自動車には現在どれくらいの税金が課せられているのだろうか。購入段階には消費税はもちろんのこと、自動車取得税にかわって2019年10月1日から導入された環境性能割がかかっている。保有段階では自動車重量税と自動車税(軽自動車は軽自動車税)がかかる。もちろん走行すれば燃料によって揮発油税、地方揮発油税、石油ガス税、軽油取引税などが、さらにそれに対する消費税も。
つまり、自動車にはすでに何重にも税金がかけられているのである。

これらに加えて、注目を集めているのが走行税であり、2018年にその導入議論が急浮上してきた新税だ。しかし、2019年度の税制改正大綱、2020年度の税制改正大綱でも見送られ、今のところは「課税のあり方について中長期的な視点に立って検討を行う」との結論に落ち着いた。つまり、廃案にはなっていないが検討中ということ。
したがって、すぐに走行税が課せられることはないが、それでも将来的に導入される可能性は十分ありそうな走行税について、予習の意味も込めて学んでおこう。

走行税は、その名もズバリ「自動車で走った距離に応じて課金される税金」のこと。

自動車を走らせる燃料にかけられるものではなく、走行する行為自体にかけられる税金ということになる。どのような仕組みで課税されるのか、すでに導入されている他国の走行税についてみてみよう。

走行税を導入している外国の例を見てみよう

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

【ニュージーランド】
世界に先駆けて走行税を導入した国のひとつがニュージーランドだ。課税されるのはディーゼル車などが対象で、事前に走行する距離を1000キロ単位で申請し、それに応じた税金を納める仕組みになっている。金額は車種によっておよそ90通りに細かく分かれており、小型のバスで走行1000キロあたり約5000円とのこと。走行距離が事前申請より伸びた場合は、あらためて申請しなくてはならない。

【ドイツ】
自動車大国であるドイツでは、12トン以上の大型トラック走行税がかけられている。専用の車載器を搭載し、この機械が計測・分析した走行距離やCO2の排出量によって課税されるという。アウトバーンが整備されて陸上交通が盛んな国だが、それだけに大型トラックによる渋滞にも悩まされている。大型トラックに走行税がかけられるのは、そんな渋滞緩和の狙いもあるようだ。

次のページいまなぜ、走行税導入が検討されるのだろうか

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。