中小企業こそ、戦略策定には「OKR」が効果的!?

2019.10.16

営業・マーケティング

中小企業こそ、戦略策定には「OKR」が効果的!?

猪口 真
株式会社パトス 代表取締役

Intel社が取り入れ、GoogleやFacebookなどのビッグ企業も取り入れたとされる、新しい目標管理のフレームとして注目の「OKR」。どんな仕組みなのだろうか。

Intel社が取り入れ、GoogleやFacebookなどのビッグ企業も取り入れたとされる、新しい目標管理のフレームとして注目の「OKR」。どんな仕組みなのだろうか。

Oとは「Objectives」で、目的や目標と訳される。GOALsではないので、数値目標というよりは、定性的な目標のことだ。ここではできる限り、大きなチャレンジングなものが良い(ムーンショットともいわれる)とされている。たとえば、「いまだかつてない感動とインパクトを与えるイベントを提供する」という感じか。

もうひとつ、OKRのKRは、「Key Results」で、主要な結果、つまり、Objectiveへの進捗を見るために、定性的な目的や目標を定量的な数値目標として設定するものだ。

ひとつのObjectiveに対して、2~5の定量目標を設定することを推奨されている。もともとチャレンジングな目標だけに、60~70%の達成度で成功とみなすとされる。さきほどのムーンショットに対して、「イベントの企画を年間100個作成する」「データの取れるテストイベントを30個実施する」といったところだろうか。

この「OKR」によく似たフレームのひとつに、「OGSM」がある。

Oとは、Objective (目的)で、ビジネスの目的や目指すべき姿などを表す。SはStrategies (戦略)、その目的の実現のために、何をどのような方法で実現するのかを設定する。当然、この戦略の中には、ターゲット、期間、そして実際に取り組む具体的な施策がある。GはGoals (ゴール)、各戦略の目標。MとはMeasurements (評価)、目標に対して到達度合いはどうなのかを判断する。

これらのそれぞれの頭文字を取って、「OGSM」と呼ばれる。

外資系企業ではよく取り組まれているらしく、非常にロジカルな戦略実行のフレームだといえる。

この「OGSM」、いわれてみれば、至極まっとうな話ではあるが、多くの中小企業にとって、改めてこうしたフレームに沿って日々のマネジメントを行っていくことは、正直、少々難が多い。

経営者であろうが、マネージャーであろうが、組織をマネジメントするものであれば、普通、ビジネスを行っていく上では、誰でも「こういう仕事をしたい」「こうなりたい」「このために仕事をしたい」といった目的を持っているはずだ。ただし、次の「戦略」というものが曲者で、どのようにその目的を達成するのかを考えることになるのだが、そうそう簡単に、他社や他部門に対して差別化された戦略が中小企業にあることは、まずないだろう。したがって、描く夢が戦略として設定されることはあまりなく、「できればいい」程度の意識のなかで仕事をしていることのほうが多いだろう。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

猪口 真

株式会社パトス 代表取締役

すべてのナレッジワーカーがコンテンツを考え、発信する時代です。あなた(会社)のコンテンツをともに考えましょう。

フォロー フォローして猪口 真の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。