健康にも地球にもやさしい「フェイクミート」、世界中でヒット!

2019.09.17

ライフ・ソーシャル

健康にも地球にもやさしい「フェイクミート」、世界中でヒット!

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

最近の流行語、米大統領も大好きな「フェイク」といえば、フェイクニュースに代表されるように、うそ、ごまかし、にせもののことだと思っていたら、一方グッドな意味合いで注目を集め、未来産業として大いに発展を遂げつつある業界があることが分かった。 「フェイクミート」とは代替肉のこと。 お肉は好きでも肥満やコレステロールが心配という現代人のために、牛肉や豚肉ではなく、豆類など植物を由来にした新しいお肉。ダイエットにも地球環境にもやさしいと、いま世界中でブームが起きている。

【記事元】
日本クラウド証券株式会社 https://crowdbank.jp
日本クラウド証券メディア マネセツ https://manesetsu.jp

ビヨンド・ミート社の株価、売り出しの2倍以上を維持

今年5月、植物由来の代替肉を開発している米国の食品メーカービヨンド・ミート社がニューヨークのナスダックに上場したところ、売り出し直後に価格は2.6倍に跳ね上がり、その後、株価は一時は3倍にまで到達。3カ月以上経過しても倍以上の水準を維持している。

この会社は10年前に創業され、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツや俳優のレオナルド・ディカプリオらが上場前に出資したことで知られている。
なぜこの会社が、世界中から注目を集めているのか。なんといっても同社の開発した“肉”が、大豆やココナッツなどの植物を加工して精製した「フェイク」であるにもかかわらず、牛肉や豚肉とほとんどそん色ない味覚、食感を備えた高品質だからだ。

創業者のイーサン・ブラウン氏によれば、「肉を製造するのにもう動物は必要ない。肉を構成するアミノ酸、脂質、微量ミネラル、水分は、どれも動物以外から調達が可能だ」という。
ビヨンド・ミート社の肉は、米国のスーパーで販売されるとともに、業務用のハンバーガーのパテとしてバーガーショップに卸され始めている。

植物由来のお肉は低カロリー、低コレステロール

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

こうした反応はすぐに米国外にも飛び火し、台湾では、モスバーガーを運営するモスフードサービスが、ビヨンド・ミート社の代替肉パティを使用したハンバーガーを、この6月から販売開始。スタートは5店舗だったが、上々の売れ行きにのって、さっそく販売店舗の拡大を検討している。

この「代替肉」とは、いったいどんな肉だろう。

従来の肉や牛、鶏など畜産物の食肉に代わる新しい製品として、食感、風味、外観などを人工的に肉風に再現した加工食品。大豆やエンドウ豆、キノコなどの植物性タンパク質を主原料とし、ハンバーガーパテ、チキンナゲット、ソーセージ、もしくはピザやブリトーなどさまざまな製品がつくられている。

もともと欧米にはベジタリアンやヴィーガン(完全菜食主義者)などが一定の人口を持ち、それらの人々の間で植物由来のフェイクミートの食品の需要はあった。しかしそれは、肉とはほど遠い風味、食感のものだった。それが、最近の品質の様変わりによって、一般の人々にまで急速に浸透してきたのだ。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。