グレートジャーニー関野吉晴さんの人生。探検家はなぜ医師になったのか?

2019.04.03

経営・マネジメント

グレートジャーニー関野吉晴さんの人生。探検家はなぜ医師になったのか?

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

文化放送「The News Masters TOKYO」のマスターズインタビュー。 関野吉晴さんは世界を股にかける探検家に憧れ、大学に入るとすぐ探検部を創設。タケ小山も20代でプロゴルファーを目指し渡米している。 広い世界で己を試そうという心意気には共感を覚える。念願のアマゾンは関野青年の目にどう映ったのか。パーソナリティのタケはまずそこから聞いてみることにした。

アマゾンに魅了され、一生探検を続けたくて医師をめざす

文化放送「The News Masters TOKYO」のマスターズインタビュー。

関野吉晴さんは世界を股にかける探検家に憧れ、大学に入るとすぐ探検部を創設。タケ小山も20代でプロゴルファーを目指し渡米している。

広い世界で己を試そうという心意気には共感を覚える。念願のアマゾンは関野青年の目にどう映ったのか。パーソナリティのタケはまずそこから聞いてみることにした。

「はじめは壮大なアマゾンの自然に圧倒されました。そのうちにむしろ自然と一体になって暮らしているアマゾンの人たちに魅了され、一緒に暮らしたいと思いました。事前に連絡する手段がないので、いきなり現地に行って、泊めてください、食べさせてください、何でもします!とお願いするんですが、僕はジャングルでは無力でただの足手まといでした。彼らは必要なものを何でも自然から手に入れます。食べ物は保存できないので、獲物もシェアする、持ち物はみんながほぼ同じ。モノが必然的に必要な人のところへ流れていく社会です。

時間の捉え方も私たちとは全く違います。ある時、滞在中にビザが切れるので、町へ行かなくてはならなかったんですが、彼らと再会したくても連絡手段がない。別れた川辺でまた会いたいけれど、カレンダーも時計もないので、『次の満月にまたここで会おうよ』と約束したんです。実際、彼らはちゃんと待っていてくれました。東京では絶対やらない、ずいぶんロマンチックな約束ですよね(笑)」

探検を一生続けるにはどうしたらいいか真剣に考えた関野さん。研究者やジャーナリストやカメラマンなど、選択肢は他にもあった。それなのにどうして医大に入り直し回り道をしてまで医師になったのか、タケは理由を知りたかった。

「アマゾンの人たちとは調査とか取材の対象としてではなく、友達でいたかったんです。医師になれば、足手まといにならず、少しは彼らの役に立つだろうと思いました。医学に興味があったし、ジャングルでケガしても自分で縫えていいじゃないかと。一から勉強しなおして、なんとか医学部に入学しました。春や夏の長い休みを使って、試験が終わるとすぐアマゾンです。勉強は結構できましたよ、アマゾンではみんな夜が早いので、旅も夜は勉強みたいな生活です。それでも医学部は6年で卒業して、外科医になりました」

44歳で5万3千キロの旅「グレートジャーニー」人類がたどった道を人力で踏破

<関野さんのグレートジャーニー>

次のページ世界を見た眼で、今度は日本を知る旅に

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。