天然の輝きを格安で……いま日本でヒートアップする合成ダイヤモンド市場

2019.04.02

ライフ・ソーシャル

天然の輝きを格安で……いま日本でヒートアップする合成ダイヤモンド市場

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

2019年の新たなトレンドとして、いま日本のジュエリー市場をにぎわせている「合成ダイヤモンド」。 天然ダイヤモンドと同じ化学式・結晶構造・輝きをもちながらも、価格は割安ということで、20~30歳代の若い世代にも購買層が広がりつつあるようです。 今年1月、東京ビッグサイトで開催された日本最大のジュエリー展示会「第30回 国際宝飾展」でも、「合成ダイヤモンド元年」といわれる2019年の日本市場を狙って、国内外の合成ダイヤモンド企業が続々と出展。宝飾マーケットの新ジャンルを築くムーブメントとして話題を集め、国内への流通も本格的に始まっています。 なぜ、いま合成ダイヤモンドが注目されているのか、また、天然ダイヤモンドとはどこが違うのか……。今回は、日本で人気が高まる合成ダイヤモンドの市場背景や、今後の消費マーケットの動向に迫ります。

合成技術の進化・低コスト化により工業用から宝飾用へ

半世紀以上前から、アメリカや日本の研究室で開発が進められてきた合成ダイヤモンド。
1955年にはアメリカのゼネラル・エレクトリック社が、世界で初めてダイヤモンドの合成に成功。ただ、ブリリアントカットが施せる宝飾質レベルの合成品を作るためには、天然ダイヤモンド以上のコストがかかるため、合成ダイヤモンドは主に工業研磨剤という用途で長年使われてきました。

そんな工業用の合成ダイヤモンドが、宝飾用として店頭に広く出まわるようになったのは、つい5~6年前のこと。2010年以降、中国の合成技術が飛躍的に進化し、宝飾質レベルの高品質な製品を低コストで作れるようになったからです。

天然物と見た目は同じなのに価格は10分の1!

天然のダイヤモンドができるまでには地中で何十億年もかかりますが、ラボで炭素などを原料に生産され「ラボ・グロウン」の合成品なら、わずか数週間で成長。天然物ではレアな色や大きさのダイヤモンドを「作れる」というメリットもあります。
そして何よりも最大の魅力は、その手ごろな価格。一般的な合成ダイヤモンドの1カラットあたりの価格は、天然ダイヤモンドの10分の1程度といいますから、かなり格安といえるでしょう。

また、合成ダイヤモンドはキュービックジルコニアなどの模造石とは異なり、化学的な成分や結晶構造が天然物と変わらないため、特別な識別装置を使わなければ見分けがつきません。見た目では区別できないことから、以前は合成物と天然物を取り違えるトラブルもあったようです。
とはいえ、販売ルートの明確なメーカーの正規品であれば、そのようなトラブルは起きえませんし、最近は天然物と合成物の住み分けが業界的に確立しているため、両者を取り違えるリスクは少ないとされています。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

違法ダイヤモンドを排除する動きが広まる中で……

昔から多くの人たちを魅了してきた天然ダイヤモンドですが、かつては紛争の資金として不正取引されることも多く、「コンフリクトダイヤモンド(紛争ダイヤ)」「ブラッドダイヤモンド(血のダイヤ)」と呼ばれる違法品も存在しました。また、過剰採掘による環境破壊や児童労働が問題視されるなど、天然ダイヤモンドをめぐっては、なにかとネガティブな話題が付きまとっていたのも事実です。

こうした問題を受け、2000年以降、ダイヤモンドの産地証明を義務づける「キンバリープロセス認証制度」が国連で採択されるなど、違法ダイヤモンドを国際市場から排除する動きが活発化。紛争とは無縁のクリーンなダイヤモンドを求める流れが加速し、現在は世界に流通する天然ダイヤモンドの99%以上が、産地や販売ルートの明確なコンフリクトフリーとされています。

次のページ名門ブランド「デビアス」の参入で市場が一気に拡大

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。