球春到来!プロ野球沖縄キャンプで、キャンプのメッカはどれほど賑わうの?

2019.02.28

ライフ・ソーシャル

球春到来!プロ野球沖縄キャンプで、キャンプのメッカはどれほど賑わうの?

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

プロ野球2019年シーズンの開幕も目前に迫り、連日、オープン戦やキャンプの様子が報じられている。 ファンにとってはひいきのチームや選手の調子が気になると同時に、シーズンが始まるまでのワクワク感がどんどん高まる時期でもある。 さて、近年はその春季キャンプを、沖縄で行うチームが圧倒的に多い。かつては宮崎や高知などにも多くのチームが訪れたが、いつの間にか沖縄に集中するようになった。温暖な気候かつ施設が充実する沖縄は、いまやプロ野球キャンプのメッカとも言える地域なのだ。 プロ野球球団がキャンプを行うとなれば、多くの人やモノが移動するし、キャンプを見学しようと多くの観光客も訪れる。つまり、大きな経済波及効果があるわけだ。そこで今回は、なぜ沖縄がプロ野球のキャンプ地に選ばれるのか、それによって沖縄がどれほどの経済的恩恵を受けるのかについて考えてみよう。

沖縄でキャンプを行うプロ野球球団

プロ野球12球団中、2019年春季キャンプを沖縄県内で行うのは下記の9球団だ。

●広島東洋カープ 沖縄県沖縄市(1軍)
●阪神タイガース 沖縄県宜野座村(1軍)
●横浜DeNAベイスターズ 沖縄県宜野湾市(1軍)、沖縄県嘉手納町(2軍)
●読売ジャイアンツ 沖縄県那覇市(1軍)
●中日ドラゴンズ 沖縄県北谷町(1軍)、沖縄県読谷村(2軍)
●東京ヤクルトスワローズ 沖縄県浦添市(1軍)
●東北楽天ゴールデンイーグルス 沖縄県久米島町(1・2軍)、沖縄県金武町(1軍)
●北海道日本ハムファイターズ 沖縄県名護市(1軍)、沖縄県国頭村(1・2軍)
●千葉ロッテマリーンズ 沖縄県石垣市(1・2軍)

チームによっては、1軍と2軍で日程や練習場所が異なり、沖縄県外のキャンプ地を同時並行で利用するチームもある。

ちなみに上記以外のチームでは、福岡ソフトバンクホークスとオリックス・バッファローズが宮崎県宮崎市、西武ライオンズが宮崎県宮崎市と高知県高知市などとなっている。この3チームだけが、この春は沖縄以外の地を選んだわけだ。

クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

サッカーJリーグのチームも増えてきている

沖縄でキャンプを行うスポーツチームはプロ野球だけにとどまらない。
1月から2月にかけて、サッカーJリーグでは、浦和レッズ、V・ファーレン長崎、ベガルタ仙台、東京ベルディ、大宮アルディージャ、ジェフユナイテッド市原・千葉、水戸ホーリーホック、コンサドーレ札幌、ガンバ大阪、川崎フロンターレ、名古屋グランパス、FC東京、ヴィッセル神戸、サガン鳥栖、FC町田ゼルビア、横浜F・マリノス、京都サンガFC、ファジアーノ岡山、ヴァンラーレ八戸の各チームが沖縄県内でキャンプを行った。

他にも韓国K2リーグの光州FC、なでしこリーグのINAC神戸、ちふれASエルフェン埼玉、アマチュアの岐阜経済大学、帝京大学なども沖縄キャンプを実施している。
1月から2月にかけて、沖縄は日本のどこよりも早く、野球やサッカーの楽しみにあふれるわけだ。

沖縄がキャンプ地に選ばれるワケ

では、なぜこれほどまでに沖縄でプロ野球チームがキャンプを行うようになったのだろうか。

1950年代から、巨人が宮崎でキャンプを行ったことで、プロ野球のキャンプといえば宮崎というイメージが広がっていた。それが、バブルの頃に多くの球団がハワイやグアム、アリゾナなどでキャンプを行うようになったのち、勢力図が少しずつ変化してきた。

次のページプロ野球キャンプによる、沖縄の経済波及効果

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。