「優秀な人材を招いて全部任せる」…その時、電気自動車ベンチャーの社長は何をしてる?

2018.08.15

経営・マネジメント

「優秀な人材を招いて全部任せる」…その時、電気自動車ベンチャーの社長は何をしてる?

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

今回の文化放送The News Masters TOKYO「マスターズインタビュー」は、電気自動車の開発、販売を手掛けるベンチャー企業「GLM」の社長・小間裕康さん。 京都発のベンチャー企業が自動車市場に一石を投じ、設立からたった4年で量産EV(電気自動車)スポーツカーを開発・販売している。 そんな小間社長にパーソナリティのタケ小山が、トップとしてどうベンチャー企業を導いているか、自動車ビジネスの未来について聞いた。

今後の自動車ビジネスについて

電気自動車への移行や自動運転システムの運用など、自動車産業が変革期を迎えている今、タケ小山は大いに関心のある今後の自動車ビジネスについて尋ねた。

「自動車産業は大きく2つに分かれる。それは、『所有する車産業』と、『所有しない車産業』。実際に、売れていく車は徐々にプレミアムセグメントの割合が多くなってきており、海外を見渡しても、一般車からプレミアムセグメントの比率が上がっているという傾向にある。

その中で、我々は『トミーカイラZZ』であったり、『GLM G4』であったり、所謂『面白い車』というマーケットに完成車ビジネスを送ろうとしている。

もう1つの『所有しない車産業』というのは、所謂『シェア』。世の中の傾向として、車の車種で選んでいるのではなく、どういう大きさの車に、どこで乗りたいか、何時間乗りたいか、というところに変わってきている。

例えば、沖縄に旅行に行って、どこの車種のこれが欲しいとは指定せずに、『コンパクトカーがいい』、『ワゴンがいい』と要求する。すると、提示された車も、日本車ではなくても問題はない。

どちらかというと、ツールとしての使い方になってきている」と、小間さんは現在のトレンドを含めた細かい説明をしてくれた。

「京都のオフィスでは、自動車メーカー様がいらして、ディスカッションをする機会が増えてきた。我々のエンジニアがよく言う言葉『失敗する開発を、GLMは出来る』。

最初から100点が求められる大手の箱の中では、たとえ開発段階であっても絶対に失敗できなかったが、ベンチャーと共同開発であれば、失敗できる環境で開発ができる。失敗を繰り返して、完成品は失敗しないものを造っていく。

そういう試行錯誤を繰り返しながら開発をするという環境が、日本の中に、いつしかなくなってきている。それを我々が提供できるということで、なんとか、この世界の中で会社が存続しているような気がする」と、熱弁してくれた小間さん。

「ベンチャーだから失敗できる」だけでは困るが、「チャンスを与えてもらいたい」そして、「絶対に成功させる」という気持ちがこもっている話だった。


The News Masters TOKYO Podcast 文化放送「The News Masters TOKYO」
http://www.joqr.co.jp/nmt/ (月~金 AM7:00~9:00生放送)
こちらから聴けます!→http://radiko.jp/#QRR
パーソナリティ:タケ小山 アシスタント:西川文野(文化放送アナウンサー)
「マスターズインタビュー」コーナー(月~金 8:40頃~)

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。