海外不動産投資(1)──思いきって海外不動産に投資する “とき”がきた!

2018.06.21

経営・マネジメント

海外不動産投資(1)──思いきって海外不動産に投資する “とき”がきた!

LEADERS online
南青山リーダーズ株式会社

ご存じの通り、日本国内の不動産は「東京23区」などごく一部のエリアをのぞいて、価格変動が少ない不活発な状態が続いており、投資としての魅力には欠けている。 ならば、目を海外に向けてみよう。 東南アジアの新興国では、急速な人口増加とともに不動産価値が上がっていることで、思いきってそちらに資産を投資する方法が、いま大きなムーブメントとなりつつある。そこで今回は2回に分けて、その現状と魅力を探ってみることにしよう。本記事「海外不動産投資(1)」では、新興国の不動産値上がり状況と、海外不動産の購入方法を主にご紹介することにする。

魅力的なアジア新興国の不動産値上がり

バブルが弾けて以降、日本国内の不動産はずっと低迷を続けている。とくに最近では、少子高齢化による人口減の流れがはっきりしてきており、いい意味で「成熟」……、言葉を替えれば「もはや成長は望めない」……そんなイメージが定着しつつある。

一方、海外に目を転じれば、魅力的な不動産はまだまだたくさんある。昔からあこがれていたハワイにコンドミニアムを持つ……、あるいはニューヨークにマンションを持つ……など、それらは個人所有の別荘、資産という意味に限らず、やがて値上がりしたときの売買利益を考えてのことが多い。最近盛んにテレビなどでハワイなどのリゾート地に別荘をもつ芸能人が紹介されているが、市井の人々にとっては、売買利益を得るために別宅を所有している人が多いことも確かだ。

しかし、米国やカナダなどの先進国はすでにかなりの高値になっており、一般投資家でもなかなか手が出せる代物ではない。むしろいま注目すべきはアジアの新興国だ。マレーシアやフィリピンなどは人口増加が激しく、また経済成長も著しい。これらの国ではもともと不動産が安かったところに、アパートやマンションの需要が急速に伸びており、住宅建築も急ピッチだ。そのため不動産価値も年を追うごとに上がっている。

それら先進国、新興国ともども、海外の不動産に思いきって投資する“とき”がきているのだ。

インカムゲインとキャピタルゲイン

では、海外不動産投資で利益を得るためには、どうすればいいのか。大きく分けて二つの手段がある。

●ひとつは、マンションなどの不動産購入後、それを賃貸物件として【家賃収入を得るインカムゲイン】。
●もうひとつが不動産購入後に値上がりを待ち、値上がったところで【売却益を得るキャピタルゲイン】。

【インカムゲイン】新興国・主要都市でのリターン率は東京の倍以上

不動産を購入したら、それを長く持ち、人に貸すことによって定期的な収入を得る投資術・インカムゲインは部屋が埋まっている限り毎月安定した収入を望める。また、経済状況によっては2~3年に一度の割合で家賃の値上げも可能で収入増ものぞめる。

ここでグラフ〈各国主要都市の平均賃貸利回り(%)〉を見てほしい。中央に「東京」が示されているが、一目瞭然、ジャカルタやマニラといった新興国の主要都市の平均賃貸利回りは東京の倍以上に達しており、投資に対するリターン率がいかに大きいかを示している。
クラウドファンディング,ソーシャルレンディング,マネセツ

次のページ【キャピタルゲイン】価格上昇率160%の国も!

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

LEADERS online

南青山リーダーズ株式会社

専門家による経営者のための情報サイト

フォロー フォローしてLEADERS onlineの新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。