「スター社員の仕事術」~相手を理解する~

2010.08.25

仕事術

「スター社員の仕事術」~相手を理解する~

今野 誠一
株式会社マングローブ 代表取締役社長

前回までは、信頼を勝ち得るポイントをお話してきました。信頼を得た上で、誰かと協力していく、力を合わせてやっていくためには、まず「相手を理解する」必要があります。「相手を理解する」上で抑えるべきポイントを3つお話します。

人は「理解してもらっている人に協力したい」という気持ちがあります。だから、協力関係を構築していくためには、お互いのことを理解し合っていることが大切になってきます。順番としては、まずは相手をよく理解する努力をすることから始まります。相手を理解しようとせずに、自分を理解してもらうことだけにやっきになっていると、逆に遠のいていくのが人間関係というものです。

チームとしての協力関係を強化する上では、「人となり」「バックボーン」「夢」の3つを理解し合うことが必要です。

■□■ 人となり ■□■

自分の性格、得意不得意(強み・弱み)、表現の仕方やコミュニケーションのとり方の癖、感情の表し方や思考・行動のパターン、などについて、お互いに理解し合っている前提があると、役割分担(適材適所)を考える助けになりますし、仕事上のやりとりもスムーズに行うことができます。

特に、強み・弱みを理解しあうことは、職場での協力関係でもそうなのですが、会社と会社
の提携関係を結ぶ場合などには、余計にそのことが重要になってきます。お互いの会社ができることとできないことを、曖昧にせずに理解し合わないと、よい連携は望めず、提携関係が長続きしないことになってしまいます。

【ジョハリの窓】
チームワークを発揮するにはお互いを理解し合うことが大事なのですが、その意義の理解に、「ジョハリの窓」というフレームが役立ちます。自分自身について、自分が知っていることと、知らないこと。そして、周囲の人が知っていることと、知らないことのマトリクスで、4つの窓ができます。この窓ごとに意味があるわけですが、結論から言いますと、下の図表の「開放された窓」を少しでも広く保つことが、人間関係を楽にスムーズにするという考え方です。
チームで協力し合って何かしていくことを前提として、お互いの開放された窓を広くしていくことを考えてみましょう。

■□■ バックボーン ■□■

本当に腹を割って理解し合い、関係を深めていく過程で、表面的ではないコミュニケーションが必要になることもあります。それが、「バックボーン」と「夢」を理解し合うことです。

「人となり」と「バックボーン」の違いは、人となりは、相手の今現在を知るということ。
それに対して、バックボーンは、今現在の彼を(彼女を)形作ることになった過去の物語を知るということです。どんなキャリアを積んできたのか。本当のチームワークをつくっていくためには、あらゆるバックボーンを持つ人達と、深く知り合うプロセスが必要になります。

Ads by Google

次のページ■□■ 夢 ■□■

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

今野 誠一

株式会社マングローブ 代表取締役社長

組織変革及びその担い手となる管理職の人材開発を強みとする「組織人事コンサルティング会社」を経営。 設立以来15年、組織変革コンサルタント、ファシリテーターとしてこれまでに約600社の組織変革に携わっている。

フォロー フォローして今野 誠一の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。