これだけ危ない! 南アフリカの治安の悪さ。 

画像: https://www.google.co.jp/maps/

2010.06.10

経営・マネジメント

これだけ危ない! 南アフリカの治安の悪さ。 

三宅 信一郎
株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

いよいよ開幕の第19回サッカーワールドカップ南アフリカ大会。 これから見に行こうという方も大勢いらっしゃると思い、以前駐在していた立場から、現地の治安についての注意点をお話したいと思います。

筆者は、1993年から1998年の約5年間、商社の駐在員として南アフリカに駐在しておりました。

南アフリカの治安の悪さについては、マスコミによって強盗傷害事件が1日あたり1500件だとか、殺人事件が1日あたり50件だとか報じられていますが、数字だけ聞いてもあまりピンとこないのではないでしょうか?

そこで筆者の体験を元に幾つかの注意点をお話することによって、南アの治安の悪さを少しでも実感して頂き、安全な南アの旅を満喫頂ければと思って書きました。
 

治安はお金で買うことが出来ますし、注意すれば災難を防ぐことも可能ですので、そこさえ守れば楽しく観戦することが出来ると思います。

注意1.タクシーには乗るな!

筆者は駐在期間中の5年間一度もタクシーには乗りませんでした。

よく現地の連中から、「タクシーの運転手は、強盗と一緒だ」と言われていました。 

運転手の中には、銃を所持している連中もおり、特にヨハネスブルグ空港などから安易に乗ってしまうと、黙って黒人居住区に連れて行かれて、強盗、盗難などの災難に遭う確立は非常に高いです。

筆者は世界の多くの国を旅した経験がありますが、危ないと言われているブラジルでさえ、サンパウロ空港からはタクシーで市内に入ることが出来ました。

空港からタクシーに乗らなかった国は、南ア以外記憶がありません。



注意2.レンタカーは借りるな!

駐在員は、どこの会社でも、基本は会社が社員として雇った黒人ドライバーに運転してもらって通勤したりします。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

三宅 信一郎

株式会社BFCコンサルティング 代表取締役社長

事業力強化・新規事業開発・創業支援コンサルタント (財)生涯学習開発財団認定コーチ 自動認識基本技術者 (JAISA:(社)日本自動認識システム協会)認定

フォロー フォローして三宅 信一郎の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。