アメリカの人事採用に学ぶ、ツイッター就活

2010.03.18

ライフ・ソーシャル

アメリカの人事採用に学ぶ、ツイッター就活

石塚 しのぶ
ダイナ・サーチ、インク 代表

SNSを通じて友達と連絡し、ネットで物を買い、ユーチューブで映像を見て楽しむ、「クラウド化」時代。アメリカの採用担当者の言葉から、ツイッター就活のポイントを探ってみた。

昨今、日々の生活を考えてみると、通信、ショッピング、あるいは娯楽など、あらゆる活動の基盤がウェブに移行していることがわかります。アメリカの若い世代の間では、メールではなく、SNSで友達と連絡をとり、モールにたむろするのではなくネットをブラウズし、ユーチューブで映像を見て楽しむ、というのが珍しくなくなってきています。このように、一般消費者の生活基盤がウェブに移行することを、私は、市場の「クラウド化」と呼んでいるのですが、今日は、初春にタイムリーな話題として、クラウド化が就活に与える影響について書いてみたいと思います。

企業が競争に勝ち残って行くためには、時代のニーズを読み、それに対応していかなければなりません。それと同様に、これから社会人生活を始めようという若い人たちも、時代の流れにあわせ、今日的な努力をしていかなくてはならないと思います。

今日、時代という激流を泳ぎきるための努力のひとつは、クラウドの中のコミュニケーション・リテラシーを身につけることです。つまり、ブログや、SNSや、ツイッターなどいろいろなプラットフォームを通して、どのように自己表現するか、あるいは、人とつながっていくか、個人でも、そういった戦略を真剣に練って、遂行すべき時代が来ていると思います。

アメリカでは、応募者のクラウド内での活動をスクリーニングして、採用の是非を決めるという会社が増えています。採用担当者の大半が、応募者の名を「グーグル」するといいますし、また、SNSやツイッターをスクリーニングに用いるという企業も少なくありません。素行の悪さが疑われる言動や写真がある場合、前職の悪口や企業秘密の漏洩などが疑われる場合は勿論採用不可ですが、かといって、「グーグル」しても何も出てこない、というのも問題視されるそうです。このクラウドの時代、ソーシャル・ツールの使い方も知らなくては戦力にならない、ということだろうと思います。採用担当者がこういうプロセスをとっているのですから、当然、それに見合った就活対策を考えていくべきです。

数多あるソーシャル・ツールの中で、ツイッターは、就活者がクラウド上のブランドを築き、長期的に意義あるネットワークを築いていくための格好のツールだと私は思っています。アメリカでも、「個性」、「創造性」、「人間性」、「コミュニケーション能力」、「知識/経験」、「人望」などをキーワードに、応募者のツイッター活動を観察して、採用の評価を下す会社が増えていると聞きます。

Ads by Google

次のページECナビ

続きは会員限定です。無料の読者会員に登録すると続きをお読みいただけます。

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

石塚 しのぶ

ダイナ・サーチ、インク 代表

南カリフォルニア大学修士課程卒業。米国企業でNASAプロジェクトなどに関わり経験を積んだ後、82年にダイナ・サーチ、インクを設立。以来、ロサンゼルスを拠点に、日米間ビジネスのコンサルティング業に従事している。著書に「未来企業は共に夢を見る~コア・バリュー経営~」(2013年3月発売)、「ザッポスの奇跡 改訂版 - アマゾンが屈した史上最強の新経営戦略」、「顧客の時代がやってきた!売れる仕組みに革命が起きる」などがある。

フォロー フォローして石塚 しのぶの新着記事を受け取る

今日の編集部

今週もよろしくお願いします*\(^o^)/*

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。