「プロファイルパスポート」とは?

2007.12.18

営業・マーケティング

「プロファイルパスポート」とは?

松尾 順
有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

経済産業省が進めている 「情報大航海プロジェクト」 のことはご存知ですか?

このプロジェクトの目的は、

大量の情報の中からユーザーが求める情報やサービスを
的確に検出する共通技術を開発し、新たな情報サービスを
創出すること

です。

情報大航海プロジェクトには、

V、S、P

の3つの柱があります。具体的には次の通りです。

------------------------

・V(バリュー):

 新しい価値を生む次世代のインターネットサービス

・S(ソーシャル):
 
 新たな社会インフラとしてのITサービス

・P(パーソナル)

プライバシーに配慮した未来型パーソナルサービス

-----------------------

さて、この3つの柱のうち、
「P」に該当する興味深い実証実験が始まっています。

それは、

「プロファイルパスポート」

と呼ばれる事業です。

リクルートと東京工業大学が共同で設立した

(株)ブログウォッチャー
http://www.blogwatcher.co.jp/

が実施主体となっています。

「プロファイルパスポート」とは、
端的にいえば、消費者情報を一元的に集約したデータベース。

これまでも、リサーチ、マーケティング業界では、
消費者の意識(心理)や行動をより深く理解するために役立つ、

「一元的消費者情報データベース」

の構築が何度か試みられてきましたが、
コスト面、技術面でのハードルが高く実現には
至っていませんでした。

つまり、ほとんど「夢物語」に止まっていたんですよね。

しかし、IT技術の普及のおかげでとうとう、

「一元的消費者情報データベース」

が、夢物語とは言えなくなる時代になってきました。

さて、プロファイルパスポート事業によって集約される情報は、
多岐にわたっています。

・利用者の基本属性
・利用者が書いた日記(生の声)
・視聴した動画やテレビ
・行った場所、お店
・購入した商品やサービス
・その他の関連情報(天候など)

つまり、消費者の生の声に加えて、
メディア接触・視聴履歴、行動履歴、購買履歴等が
ユーザー個別に収集、蓄積されるというわけです。

これらの情報の収集には、
インターネットや携帯電話が活用されます。

これによって、コスト面や技術面でのハードルが
一気に下がったというわけです。

利用者の日記(生の声)はネット上のブログなどから採取。

視聴した動画やテレビも、ネットを通じて捕捉が容易です。
(テレビは、ネットとの連携がまだ十分ではないですが)

ユーザーの行動情報については、
GPS付の携帯電話が普及していけば簡単に
把握できるようになりますね。

Ads by Google

この記事が気に入ったらいいね!しよう
INSIGHT NOW!の最新記事をお届けします

松尾 順

有限会社シャープマインド マーケティング・プロデューサー

これからは、顧客心理の的確な分析・解釈がビジネス成功の鍵を握る。 こう考えて、心理学とマーケティングの融合を目指す「マインドリーディング」を提唱しています。

フォロー フォローして松尾 順の新着記事を受け取る

一歩先を行く最新ビジネス記事を受け取る

ログイン

この機能をご利用いただくにはログインが必要です。

ご登録いただいたメールアドレス、パスワードを入力してログインしてください。

パスワードをお忘れの方

フェイスブックのアカウントでもログインできます。

INSIGHT NOW!のご利用規約プライバシーポリシーーが適用されます。
INSIGHT NOW!が無断でタイムラインに投稿することはありません。